05月≪ 2017年06月 ≫07月

123456789101112131415161718192021222324252627282930

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 |  スポンサー広告  |  EDIT  |  Top↑

青木の気持ち

2009/08/22 (Sat) 16 : 48

怒濤の考察記事3連発です(笑)
書き溜めていたものを一気に放出しておりますスミマセン・・・




今度は青木について。
青木が薪さんに特別な感情を持っていることはほぼ間違いないと思われます。

間違いないんです!!!!


では、青木は一体いつから薪さんに惹かれていたんだろう(^^)、ということを考えてみました。


※ミーナの願望が前面に出た100%妄想による考察です。当てにしないで下さい。



スポンサーサイト

テーマ : 漫画の感想 - ジャンル : アニメ・コミック

 |  秘密 考察  |  トラックバック(0)  |  コメント(5)  |  EDIT  |  Top↑

妄想、ダークな薪さん・・・

2009/08/09 (Sun) 17 : 45

今日は鈴木の命日ですね・・・・・

生まれてもいないのに命日っていうのもおかしいですけど・・・


鈴木の命日については明確な日にちは明かされていませんが、
この射殺事件が掲載された新聞が8月10日付なので間違いはないと思います。

ちなみに8月10日は日曜日だそうです。
つまり9日は土曜日。
つまり雪子は休みだったはずだと思いますが、
自宅療養中の鈴木の世話、もしくは見舞いには行っていなかったのでしょうか・・・?

そして土曜日に1人で出勤していた薪さん、お疲れ様です・・・
部下が誰も居なくなった職場で、あの貝沼の脳を1人で見るつもりだったのですね・・・
1人であれを見ていたら、本当に薪さんは自殺か狂うかしていたかもしれませんね・・・
鈴木のあの行動が正しかったのかどうか分かりませんが、鈴木は本当に薪さんを護りたかったのですね・・・









さて、話は若干変わりますが、
今描きたいと思っているイラストがあって、それに関連して考えていたことがあります。
ちょっとかなりダークな妄想になります・・・
皆さん忙しい時期でもありますし、落ち込みたくない方は読まないで下さい・・・



テーマ : 漫画の感想 - ジャンル : アニメ・コミック

 |  秘密 考察  |  トラックバック(0)  |  コメント(12)  |  EDIT  |  Top↑

想像してみた

2009/01/11 (Sun) 22 : 40

原麻めぐみさんのところで「秘密」のエンドについて語られていたので、
便乗して私の考えていたエンドを書いてみようと思います。

前にもこういうことありましたね(^^;)
いつもネタをもらってしまってすみません・・・
コメントしようと思ったんだけど、長くなりそうだったので・・・

それと、かなりヘヴィな内容になるので、
ハッピーエンドを望まれてる方は読まないほうがいいと思います・・・。


ちなみに、薪さんの脳を青木が見て薪さんの自分への想いに気付く、
というのは私も考えたことがありました。
やはり誰にでも容易に想像がつきやすいパターンのようですね。

今回書いたのもそれによく似たパターンになると思いますが、かなり暗めです・・・



テーマ : 漫画の感想 - ジャンル : アニメ・コミック

 |  秘密 考察  |  トラックバック(0)  |  コメント(6)  |  EDIT  |  Top↑

矛盾??

2008/12/06 (Sat) 14 : 43

前回の記事「青木はちゃっかり者?」の追記です。
長くなっちゃうので別記事にしました。

七井礼子さんが曜日を調べてくださいました!
ひょっとして現代から2062年までのカレンダーを作っちゃったのでしょうか?!
ありがとうございました!!(^▽^)

私もサボッてはイカンと思い、念の為携帯のカレンダーを見てみると、
2060年12月まで入ってましたw

てことでカレンダーの修正版です。

2061年11月

 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930    
12月

   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
2062年1月

      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
2月

  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728     


(11月も追加しました)


ヨシヨシ・・・・・

と思ったのですが、

とんでもないことが発覚しましたΣ(@□@;)



青木が囮捜査をした12月4日。
日曜日なんですよ・・・・。
被害者がそれぞれ通勤・通学で利用していた電車に青木が囮で乗り込んだわけですから、
土日では生活パターンが変わってしまうから、囮捜査する意味がなくなってしまいます・・・。

休む暇もなくずっと泊り込みで捜査をしていた第九の面々、
あの薪さんでさえも、曜日の感覚がなくなってしまっていたのでしょうか・・・・。


そしてもうひとつ。
里中恭子が刺殺されたのは11月22日です。
カレンダーによると火曜日ということになります。
しかし・・・
4巻27ページの岸谷理香子の携帯電話には、
月曜日
となっているのです・・・・。

ア、アレアレ・・・・??




カレンダーに間違いはないはず。
(七井礼子さんが算出したものと私がドコモの携帯から算出したものが一致しているので)

「2007」が2061年
「2008」が2062年
ということも間違いはないはずです。
(「コピーキャット」で「2062年」としっかり明記されているので)


これは一体・・・・・・・・




先ほど思い出したのですが、
「2008」で、葵の部屋にカレンダーが貼ってある場面があります。
5巻94ページです。

数字はハッキリ書かれていませんが、何日あるかは数えられます。

すると・・・・

30日

あるんです。

1月でも2月でも3月でもない・・・・・。
でも日曜から始まる1月ではなさそうな気がします。

ひょっとして前年の11月からカレンダーをめくっていないのでしょうか。
結婚を目前に控えているカップルならもうちょっとカレンダーを気にしろよと思います。







結局、あんまり詳しく考えるなということなのかもしれません。
この物語はフィクションなので、清水先生もそれほど細かく整合性を気にしていないのかも・・・。



ということで先日からの私のこの考察は、

「気にするな」

ということで、結論がついたようです(笑)


テーマ : 漫画の感想 - ジャンル : アニメ・コミック

 |  秘密 考察  |  トラックバック(0)  |  コメント(10)  |  EDIT  |  Top↑

青木はちゃっかり者?

2008/12/04 (Thu) 21 : 46

まず、「2007」の時間経過です。


(2061年)
11月22日 里中恭子刺殺される
11月30日 青木、雪子に投げ飛ばされる
12月 1日 カプセルホテルで変死体発見
   〃    連続殺人事件の被害者も変死体と同じウィルスに感染していたことが判明
   〃    雪子無断欠勤(青木、既に雪子に携帯アドレスを教えている)
12月 2日 薪さん、雪子が感染していることを知る
   〃    雪子、感染者の解剖を始める
   〃    青木、雪子に感染してくださいと言う
12月 4日 雪子、倒れる
   〃    青木、囮捜査 犯人逮捕

雪子、回復 クリスマスイルミネーションが目立ち始める頃
雪子、2週間田舎に帰る




えと、これで何をしたいかと言うとですね(^^;)

雪子が話せるくらいに回復したのは12月中旬頃。
退院し、田舎に帰ったのは12月下旬といったところでしょう。


そこで、「岡部特別編」での携帯電話にうつった2月のカレンダーから
1月、12月のカレンダーがわかるので、作ってみました。


12月
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
1月
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
2月
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728     

 


(日曜、月曜のどちらから始まるカレンダーかはわかりません)


雪子はホームで、青木に「メリークリスマス」と言っているので、
田舎に帰ったのは19~25日あたりの出来事だと思われます。
それから2週間休んだので、1月の9日か10日に職場復帰したと推測できます。
ちょっと長めにお正月休みを貰ったという感じですね。


で、「2008」ですが、「2008」の冒頭で青木と雪子はこのホームで別れた時以来に再会した、
ということがわかるので、1月中旬~下旬が舞台となっている、と思われます。
(2月になると「岡部特別編」の時期とかぶるので、違うでしょう)


で、何が言いたいかというとですね(^^;)、
ちょっと話が離れますが、


「2001」は2060年1月下旬の出来事ですが、ここで青木は「22年間生きてきて」と言っている。
1月下旬で22歳ということは、青木は2月か3月生まれの早生まれであることがわかりますね。

で、「2008」が2062年1月が舞台、ということは青木は24歳。
「35歳」と発言した葵と同級生の雪子の年齢はこの時点で34~36歳の可能性が考えられますが、「青木は12歳年下」だと断言しているので、雪子は36歳ということになります。

青木が早生まれだと知っている、ということはズバリ誕生日を知っている、ということですね。

「2007」では出会って早々雪子はウイルスに感染して、解剖に専念、そして倒れているので、
誕生日を教えているような余裕はなかったと思います。


何故「2008」でいきなり誕生日を知っているのか?


・・・これが本題なんです・・・・・・(^^;)



考えられるのは、12月1日の時点で、青木は既に携帯の番号を雪子に教えています。
その時に一緒に教えたのではないでしょうか。
自分のプライヴェート用の名刺を持ち歩いていて(いつ素敵な出逢いがあってもいいように?)
それに携帯とメルアド、生年月日が書かれていたのではないでしょうか。
もしくは、メルアドがとっても解かりやすく生年月日になっていた、とか。
「IKKO AOKI××××」みたいに・・・。

もうひとつ考えられるのは、ホームで渡せなかったプレゼントを、
実はあの後追っかけて渡していた、そのプレゼントにメルアド(誕生日がわかるやつ)を
書いたカードを入れておいたのではないでしょうか。

もしくは、会ったのは久しぶりだけど、マメにメールを送っていたとか・・・・。





なんのためにもならない考察です(^^;)

これで終わりです(笑)

なんか自分が何をしたかったのかよく解かりませんwwww






しかし、「2008」が1月ならば、4月上旬が舞台の「コピーキャット」で
まだプロポーズの返事をもらっていないのはいささかノンビリすぎる気もします。

すると、「2008」は3月の出来事?

しかしそうすると、青木が2ヶ月間全く雪子にコンタクトとらなかったのも、
いささかノンビリしている気がします。
そして青木の誕生日が来てしまうと25歳になり、雪子が37歳ということになるので、
それでは岡部と同級生、もしくは追い越すことになるので、違うかなと思います。
青木が3月31日誕生日だとか言うんならいいんですけどね・・・・。



ああ、自分でもよく解からなくなってきました。

テーマ : 漫画の感想 - ジャンル : アニメ・コミック

 |  秘密 考察  |  トラックバック(0)  |  コメント(10)  |  EDIT  |  Top↑
 | HOME |  NEXT
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。