FC2ブログ

10月≪ 2008年11月 ≫12月

123456789101112131415161718192021222324252627282930

薪vs雪子

2008/11/18 (Tue) 22 : 20

原麻めぐみさんのブログでコメントを書きながら思ったんですけど、
雪子は薪さんを好きだと、青木も鈴木もほとんどの読者も思っていますが、
雪子は薪さんを異性として見ていないのではないかと、私は思い立ちました。


前から気になっていたんですよ。
薪さんの部屋に飾ってあった3ショットの写真。
雪子は薪さんの肩に腕をまわしてピッタリくっついていますよね(クーーー羨ましい・・・)
恋人の前で他の男に抱きつくなんて、普通ありえない。
これは全く異性として意識していないのではないかと思うのです。


雪子と鈴木と薪さんの付き合いというのを雪子目線で妄想してみると、
あんなに女の子みたいに可愛い子が自分の恋人の側にいたら、やっぱり心配になっちゃうと思うんですよね。しかも薪さんは他に特に親しい人もなく、自分の恋人だけにやけに親しげである。
(このへんは私の妄想による設定なので薪さんは社交的で友人も多いぞ!と思っている方はご容赦ください)
自分を含めそれ以外の人間には常に一定の距離を保っている。
雪子が薪さんは鈴木を好きなのではないかと勘繰ってしまうのも無理はないと思います。

雪子が「どうしても勝てない」と薪さんをライバル視しているのも、そう考えると頷けます。
異性で職種も違う人物をライバル視する必要は本来全くないはずです。
これはまさしく、鈴木を挟んでライバル関係にあると考えていたからこそではないでしょうか?
ライバル関係にあるからこそ、相手より優位に立つ必要がある。
監察医がウィルスに感染するという言い逃れできないミスを犯してしまった雪子は名誉挽回する必要があるので、屍蝋化死体の捜査を薪さんに依頼したんです。
薪さんもライバル視されていることに感づいているので、雪子に厳しくする。
「2008」は雪子と薪さんのプライドの戦いが裏テーマだと思いますが、
これは雪子にとってはまさしく「女の戦い」だったんです。
薪さんはそれが気に食わないので、雪子のプライドを息の根を止めるが如く粉々に砕いたんです。
「二度と僕に挑んでくるな・・・」と言わんばかりに。






・・・ちょっとまた妄想が走りすぎたような気がします(^^;

私はどうしても、雪子が薪さんを好きなようには見えないのです。
「2008」で薪さんを見る目はあくまでもライバルとしての対決を挑んでいるようにしか見えないんです。

でも、異性として意識していないけど、異性であることには変わりないので
知らず知らずのうちに惹かれていたという可能性だってあります。

だからこれはまったくの妄想です。私の願望です。
軽く聞き流してくれるとありがたく思いますww


原作でも雪子の薪さんへの気持ちは未だ雪子自身の口から語られたことはありません。
あくまでも青木、あるいは鈴木の目で見たものでしか描かれていません。
「2009」ではきっと明らかになるのではないかと思います。

青木のプロポーズを受けることで薪さんより優位に立とうとする可能性もあるし、
薪さんお気に入りの青木を捨てることで薪さんより優位に立とうとするかもしれません。

雪子の言動が今後の「秘密」を大きく左右することになりそうですね。
スポンサーサイト

テーマ : マンガ - ジャンル : アニメ・コミック

 |  秘密 色々  |  トラックバック(2)  |  コメント(10)  |  EDIT  |  Top↑
 | HOME |