12月≪ 2012年01月 ≫02月

12345678910111213141516171819202122232425262728293031

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 |  スポンサー広告  |  EDIT  |  Top↑

メディア芸術祭マンガ部門優秀賞受賞

2012/01/29 (Sun) 23 : 34

すみません・・・すっかりご無沙汰しておりまして・・・(^^;)
新年早々魂が飛翔する出来事があって、なかなか現世に戻って来れなくてwww
そろそろリハビリがてら、既に今更かよ!となりつつあるこの話題から入ってみようと思います。
ほんと今更なんですけど、やっぱファンとして記事にしておかないといけないと思いまして。


「秘密 -THE TOP SECRET-」
文化庁メディア芸術祭マンガ部門優秀賞受賞!



清水先生、おめでとうございます!!!!!

そしてファンとして、

ありがとうございます!!!!!!


よく知らない賞なんですが、なんかとっても権威のある賞っぽいですね!(^q^)

文化庁メディア芸術祭のHPはコチラ

受賞作品一覧とその紹介はコチラ

「秘密」の紹介ページはコチラ

作者プロフィールの清水先生のお顔がいつものジャックの顔(?)なので、なんか微笑ましいです(笑)


【作品概要】
難事件に立ち向かう「科学警察研究所 法医第九研究室」の捜査員の活躍を描く近未来漫画。死亡してしまった事件の犯人や被害者の脳を「MRIスキャナー」にかけ、生前の記憶を映像化し、普通なら知りえない他人の脳内の「秘密」を元に事件の真実に迫る。繊細な線ながら、作り込まれた世界観と登場人物らの魅力が、「サスペンス」の枠だけにはとどまらない芯の太い物語を駆動させる。白泉社刊行の隔月誌「メロディ」で連載中。

【贈賞理由】
実に緻密に構成された、近未来サイコ・サスペンス。舞台は50年後の日本、死亡した被害者や犯人の脳から5年前までの視覚記憶を映像として再生し、事件の隠れた真相に迫る「MRI捜査」の技術が確立。担当する独立捜査機関の責任者である切れ者・薪警視正と彼を慕う捜査官たちの、手がかりなき犯罪への挑戦が描かれる。犯罪捜査のため、他者の過去や私生活の「秘密」を暴くことは、どこまで許されるのか。人は果たして、それを知ることに耐えられるのか。物語は、権力と正義をめぐる根源的な問いを突き付ける。時にグロテスクな描写と華麗な絵柄との見事なバランス、上質のストーリーテリングとキャラクターの魅力、扱うテーマの現代性などに高い評価が集まった。主人公自身の「秘密」をめぐる物語もいよいよクライマックス。満を持しての受賞といえる。


「満を持して」ってホントですよねー!
「秘密」は今までずっと「もっと評価されていいのに」と思ってたので、
今回の受賞は本当に嬉しいです!


2月22日~3月4日に、国立新美術館にて受賞作品展が行われます。
マンガの作品展ってどんなんなんでしょうね?
コミックスを全巻並べて置くだけなのかな?
原画の展示とかあったりするのかな?
今月アホみたいに散財して(なにせ魂が飛翔していたもんで・・・)今は東京まで行く余裕は無いので、
出来ればコミックス展示くらいにしておいてほしいですw

2月21日には贈呈式が行われますが、清水先生も出席なさるのでしょうか。
いいなーできればこっちのほうに行きたいよ~。

スポンサーサイト

テーマ : 日記 - ジャンル : アニメ・コミック

 |  未分類  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)  |  EDIT  |  Top↑

10巻発売

2012/01/03 (Tue) 15 : 48

どーもどーも、皆様明けましておめでとうございます♪(*'∇')/゚・:*【祝】*:・゚\('∇'*)♪
昨年中は大変お世話になりましてありがとうございました。
今年もまた1年、薪さんを応援してまいりましょー♪
どうぞよろしくお願いいたします(*´∀`*)


秘密 -トップ・シークレット- 10 (ジェッツコミックス)秘密 -トップ・シークレット- 10 (ジェッツコミックス)
(2011/12/28)
清水玲子

商品詳細を見る


さて12月28日に「秘密」10巻が発売されました。

表紙、やっぱりというかなんというかコレできましたか。
私は描き下ろしだと思っていたんですよねー。
何故かというとこのイラストだとテーマカラーが前巻とカブるからです。
ま、でも

秘密(トップ・シークレット) 9 (ジェッツコミックス)秘密(トップ・シークレット) 9 (ジェッツコミックス)
(2011/02/28)
清水 玲子

商品詳細を見る


比べると同じオレンジでも若干色味が違うので、まぁいいっかぁ~と言えばいいんですけどね。

そして表紙をめくって1枚目のカラーイラストは、薪さんが頭から血を流しているヤツです。
まさかここに来てこれが来るとは思いませんでした~。
確か3巻か4巻あたりにモノクロで載ってましたね(未確認でスマソw)
このイラスト大好きなので嬉しいです(*^^*)
ほぼ茶色だけで塗ってあるのに、なんであんなに華やかなんだろー。
そんでいつもと違う髪形で、おでこ全開の薪さんハァハァ(*´Д`)ハァハァ

見開きのイラストは、青木が舞ちゃんを抱っこしてるヤツ。
薪さんの麗しいアップに見惚れるも、耳がどうしたオイって形してるのが気になるのでありますw
青木は、本当にこのまま母親の面倒見つつ舞ちゃん育ててくのかなー・・・
今は先輩方が気を使って定時で帰らせてくれてるけど、そんなのいつまでも続けてけるわけないじゃん。
第九はこの先全国展開する予定だし、青木も室長になる予定だし。
まぁあの母親がもうちょっと正気を取り戻してくれたら全面的に舞ちゃんの面倒を見てくれるのかもしれないけどさ。
気のきくお人よしのようでいてその実周囲に迷惑かけまくってる青木にイラッ☆(^^)

そんで次のページをめくると・・・なんで今このイラストですか・・・
薪さんのとこだけアップにしてくれたらいいのに・・・

本編ですが、メロディとは見比べてはいませんがパラッと見た感じだと加筆修正は無さそうですね。
うう~んこれも読みがハズレたな~(^^;)
じゃあ結局清水先生の休載はなんだったのでしょうね。
SATとか銃の細工とかの調べ物に時間がかかったのでしょうかね??

あ、今コミックスの最後のページを見てみたら
「上記記載分を加筆・修正しました」って書いてありました!
やっぱりどこか本誌と変わってるところがあるのか~。
時間がある時にゆっくり見比べてみようっと。

同じページに書かれている参考文献ですが・・・
ググッてみたら死体の写真集のようなので、さすがに買って見てみよ~♪なんてことはできません・・・
チメンザールの処刑儀式あたりの参考にされたのでしょうかね。

内容については、メロディ本誌での感想を書いてますので割愛します。

そういえば、巻末に清水先生のこれまでの作品一覧が載ってましたが、「秘密」じゃ初めてじゃないですか?
「秘密」がもうすぐ終わるので「他の清水作品も読んでね♪」というアピールなのでしょうか。
そう思うとなんか切ないなァ。

ということで、たいしたことは書いてませんがこれで終わります。

 |  秘密 感想  |  トラックバック(0)  |  コメント(3)  |  EDIT  |  Top↑
 | HOME | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。