06月≪ 2017年07月 ≫08月

12345678910111213141516171819202122232425262728293031

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 |  スポンサー広告  |  EDIT  |  Top↑

アニメ5・6話「キヌコ」

2008/09/07 (Sun) 18 : 25

お次は
「秘密(トップ・シークレット)~The Reveration~」 5話・6話の「キヌコ」全編・後編
一気にいっちゃいます。

これは原作にあるお話。
2巻に収録されています。
「キヌコ」って何だと最初思ったけど、あぁ、「絹子」か!と(笑)


ん~~~と、これもね、絹子が全然美少女に見えないのですけどね・・・

そして平井君の声も変・・・
女性の声優さんで良かったと思う・・・


原作では絹子は「聞いたわ、あなたがMRIスキャナーで父の脳を見てるって」
と青木に詰め寄るシーンがありますが、これよく考えたら変ですね。
第九で捜査されてることを絹子に知らされることはあっても、
誰が見てるかなんて知るわけがないと思います。
アニメでは、ボーッと絹子を見つめる青木に絹子が気付き、
青木が「第九の者です」と自ら名乗ることによってバレてしまう、となっています。
こっちのが自然な気がしますね。青木らしいし。


青木が絹子の情事を見ながら泣くシーンが省かれていたのは残念ですね。
人の秘密を覗き見ることに苦悩する青木の姿をちゃんと見せてほしかったです。
(そのせいで「この報告書をお前が泣きながら作ったことならご存知だ」もなくなっちゃったし・・・)


平井少年の脳も、薪さんがあっさり「取って来い」と命令しちゃってますが、
ここは原作通り事件を解決しようと熱意を燃やす青木が薪さんに「お願いします!!」と
喰らいつくほうが良かったです。


アニメの青木はものすごくシンプルにさせられているようですね。
他の方のレビューを見ても薪さんは顔に非難が集中し、
そして青木は性格が変わっていることに非難が集中していますが、なるほど納得です。
青木の良さが全く描かれていないです。


ZIPの脳を見るシーンは原作では一番のクライマックスであって、一番感動できる美しいシーンだった
のですが、アニメでは何故あのようなスットコドッコイな音楽を被せるのでしょうか・・・


そして父の日記を読む青木。
「第九の仕事に自信を持て」という父の言葉に涙する青木ですが、
それをやるなら絹子の情事を見て涙を流すシーンを省かなかったほうが良かったと思いますね。



原作のほうの感想をいつか書くかもしれないけど、とりあえず今言っちゃいますが、
私は絹子には全く同情しません。
父親にされたことによって精神が歪んじゃったんだと思うんですけど、
家族や全く関係ない人を惨殺する理由にはならない。
父親より、絹子のが罪深いです。

テーマ : アニメ - ジャンル : アニメ・コミック

 |  秘密 アニメ  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)  |  EDIT  |  Top↑

Comment

コメントを投稿する

URL
COMMENT
PASS  編集・削除するのに必要
SECRET  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://ustimih.blog33.fc2.com/tb.php/11-8321de17
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | HOME | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。