09月≪ 2017年10月 ≫11月

12345678910111213141516171819202122232425262728293031

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 |  スポンサー広告  |  EDIT  |  Top↑

夢で逢う人

2009/02/19 (Thu) 22 : 58

またしょーもないものを書いてしまいました・・・・・・

秘密のブロガーさんたちはプロの小説家さんが多いのに、こんなのを書いちゃってスミマセン・・・・





青木の独り言です。





【More・・・】






  早速ぶっ倒れたんだって?

  自分の命を軽く扱うお前に 人の命の重さがわかるわけがない!

  できるのかお前に・・・・

  何の役にも立たん、このバカ!!













・・・・今のは夢? 現実か?


・・・・あぁ、やっぱり夢か・・・・・・




なんで、いつまでも、あの人の夢を見るんだろう・・・・・
何十年も前に 3年ほど一緒に仕事をしていただけなのに
いまだに時々夢に見るなんて


まぁ、強烈な人ではあったけど・・・



あれから、同じ警察で働いていたのに、不思議と会うことはなかった
異動したり、昇進したり、定年退職した時に話を聞いただけだ
若くてキレイな人だったけど、さすがにもうヨボヨボのシワシワだろうな

・・・どうなったんだろう

あれからどうしてるんだろう




あの人は誰彼構わずすぐに憎まれ口を叩くから、敵を作りやすい人だったよな
外務大臣にブッ叩かれたことなんかもあったな
オレが居ない所でも、あの調子であちこちで敵を作ってたんだろう
あの警察組織の中で生きてくのは、さぞや大変だったに違いない
大丈夫だったんだろうか
オレが居なくても





  今度僕を殺す時は ここを狙ってくれ

  この報告書をお前が泣きながら作ったことなら ご存知だ

  お子様は買出しにでも行って来い






・・・なんでこんなに あの人のことが気になるんだ?
3年一緒に仕事をしただけの、ただの上司だった人なのに



鬼のように厳しくて、オレなんかもう、近寄るのも怖かった
冬山みたいに機嫌がコロコロ変わるし
機嫌が悪いと書類で叩くわ、部下をいびるわ
まるで囚人と看守みたいにみんなビクビクしちゃって、誰も頭が上がらなかったよ



それに信じられないほど頭が良くて
観察力・洞察力・知識・勘の良さ、何においても全てが誰も敵わなかった
なんであんな完璧な人がいるんだろうと思った



すごく怖かったけど、でも何かに付けて目をかけてもらってた気がするし
たまに褒めてくれたり、笑ってくれるのが、すごく嬉しかった
その為に仕事をしているようなもんだった



嬉しかった
あの人と一緒に仕事ができるのが
たくさん怒鳴られたことも、今となっては幸せだった
オレと正反対なようでいて、すごく近くに存在を感じていた




  君 合わないんじゃないかな この仕事




いいえ、オレは一生懸命ガンバリました あなたの為に




  寝ている間に何か喋ったか!




何をそんなに恐れているんですか
大丈夫です 安心してください
あなたはオレが守りますから







 青木!



もっと一緒に仕事がしたかった



 青木



もっと一緒にいたかった



 あおき



ずっとあの人のそばにいたかった






今は どうしているんだろう







オレの脳裏には今も あの頃のままの姿で生き続けている

ずっとずっと 生きている








逢いたい



薪さん



逢いたい・・・・・・・






* * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * *






お目見汚しスミマセン!

青木はキャリアだし2,3年もすれば昇進するし配属も変わる、
ということは第九もそろそろ離れる頃なんじゃないかと思いました。
青木も薪さんも警察官として定年まで働いてそれからさらに何年も後の設定です。

って、警察の定年ってどんなんだ?
キャリアの定年ってどんなんだ??
どこかに天下るのか??
と思ったのですが、そのへんはわからないので考えないよーにしました(笑)


これを思いついた発端は、先日、なんとなくジャックとエレナシリーズのことを考えていたのですよ。
ルイスはジャックのことが好きで、でも恋人だったのに心変わりされて、
しかもジャックはロボットで、いつまでも若くて綺麗なままなのに、自分だけが老いていき、いずれ死んでいく。
ルイスの気持ちを考えると結構壮絶だな、と思ったんです。
多分最近テレビで宣伝していた「ベンジャミン・バトン」という映画の影響だと思うんですけど(^^;)
自分だけおばあさんになって、変わらぬ姿の想い人とどんな気持ちで逢うのだろう、
そんなことを考えていて、脳内はなんでも薪さんに変換されるものですから(笑)、
年老いた青木が薪さんのロボットを作って一緒に暮らす、なんてことをつい想像してしまいました。
でもさすがにロボットじゃ現実味がないので、
脳内で、想い人は永遠に若いまま生き続ける、
なんてことだったら有りかな~と思いまして・・・。

ちなみにこの青木は、薪さんへの特別な感情を持ちつつも、
未だその気持ちが何なのかということに気付いていない、という設定です。
どんなけ鈍いんだ青木ーーーーーーーーーーーーーーー!!!!!!!!



テーマ : 少女マンガ全般 - ジャンル : アニメ・コミック

 |  二次創作(ss)  |  トラックバック(0)  |  コメント(8)  |  EDIT  |  Top↑

Comment

ミーナさま
こんばんは
(今日はハナヂじゃなくて、涙です)

>青木はキャリアだし2,3年もすれば昇進するし配属も変わる
 それより、薪さんがすでに長すぎるのですが、岡部さん他も、みんな似たようなので、何かのきっかけでいっせいに新体制でそれぞれの道に進んで終わりというのもあるかもしれませんね。

 ついに、万年警視正から脱するでしょうか?

 私は薪さんが死んだり廃人になったりしない結末を望んでいるので、おキレイなじーさんになってから死んでもらうのはOKです。

 この青木、一回り年上の薪さんとどっちが先にお迎え来るのか分かりませんが、その前に一度会えるといいですね。
 すでに、薪さんは80歳くらいですか? 意外と青木より若いかも、です。

「ま、薪さん、相変わらずお若いですね(汗)」

 うん。青木は行動的なコ(じじいになっても)なので、思い立ったら会いに行くでしょう。

 つぶやきがじじいっぽくないのは、40年も薪さんを思い続けているから、気持ちは20代なんですね^^)v

よいお話でした。
おじゃましました。
第九の部下Y |  2009.02.20(金) 01:55 | URL | 【編集】

鈍過ぎるぞ青木―――――――――――――――!!!!!!!

そうなんですよね。
私も公的機関にお勤めしておりましたし、一族もほとんど公務員なので、分かります。
数年で、すぐ異動しちゃうんですよね。
ましてキャリアなら余計に。

分かってるんです。
分かってるけど・・
ほら、第九は特殊な機関だからっ!!
すぐには仕事覚えられないし。
第九で得た情報は最高機密だから・・・って・・そう言ったら警察機関全部そうですよね・・。

分かってはいるんですけど、薪さんと青木が別々の道を歩んでいき、二度と会わないというのは、考えたくないなあ・・。

まあねえ・・リアルに考えれば、原作のあの世界で、薪さんと青木がずっと共に手を携えて生きていくっていうのは考えにくいと、それは分かってるんですよ。
分かってるからこそ、自分の創作の世界に逃避しているのかもしれません・・・

青木が、考えているうちに少しずつ、少しずつ、薪さんへの想いが深まっていく(でも自覚してないという・・)その過程がよく分かって、じんわり、しんみり、させていただきました(つ;)

ルイスは、私の理想の女性像です。
実はこのことを、そのうちブログで記事にしたいなあと思っていたところなので、偶然にも、嬉しかったです。

コハルビヨリさんへの、薪さんのお叱りの代筆、どうもありがとうございましたm(_ _)m
リクエストに応えて下さって、とても嬉しかったです!!
薪さんが、青木にされたマッサージをしっかり覚えているという事実に、なんか萌えました・・(笑)
かのん |  2009.02.20(金) 10:10 | URL | 【編集】

青木じいさん

>青木はキャリアだし2,3年もすれば昇進するし配属も変わる、
>ということは第九もそろそろ離れる頃なんじゃないかと思いました。

なるほど、そういうものなんですねー。

このお話では青木、特に薪さんと何事もなく別れ、そして会うこともなかったという…。
薪さんも定年退職…うおー、どんな風になっているんでしょう。

青木、会いたいならもっと早くに会っておけー!!

まさか、この夢を見た時刻に薪さんが老衰でお亡くなりに…?(^^;
原麻めぐみ |  2009.02.20(金) 14:57 | URL | 【編集】

第九の部下Yさんへ

>それより、薪さんがすでに長すぎるのですが、岡部さん他も、みんな似たようなので、何かのきっかけでいっせいに新体制でそれぞれの道に進んで終わりというのもあるかもしれませんね。

そうそう、そうなんですよね。
薪さんなんて既に6年ですから、いつ異動になってもおかしくないですよね。
でも第九ってある種独立したような所があるから、一般的な常識に囚われなくてもいいかなとも思いますが・・・。
今井や宇野たちもキャリアだと想定して、警視までは誰でもとんとん拍子に昇進するけど、警視から警視正に昇進するのは個人差が生じるので、数年在籍していてもおかしくはないかな~なんて思います。
とはいえ、何年も同じ面子のままだと色々問題もあると思うので、そろそろ誰かが異動になってもおかしくないですよね。
そうすると、やっぱり青木が結婚を機に異動、なんて線が濃厚な気がします。
とにかく、同じ部署にずっと居たのでは昇進の妨げになりますからねっ!

>私は薪さんが死んだり廃人になったりしない結末を望んでいるので、おキレイなじーさんになってから死んでもらうのはOKです。

天寿を全うしてほしいですよね!
そしてできれば「幸せな人生だった」と思ってほしいです!

>うん。青木は行動的なコ(じじいになっても)なので、思い立ったら会いに行くでしょう。

この青木はあの頃のままの薪さんに逢いたいと思っていると思うんですよね。
じいさんになった薪さんに逢いたいんではなく、共に年を重ねたかったんです。
どうでしょう・・・逢いに行きますかね・・・・・。
できれば逢いに行ってほしいですね。

>つぶやきがじじいっぽくないのは、40年も薪さんを思い続けているから、気持ちは20代なんですね^^)v

夢から醒めたばかりでボンヤリしているのと、脳内であの頃に戻って薪さんと会話しているからですね。
あと、じいさんになったからといって「~じゃよ」みたいな話し方にしなくてもいいかと思いましてw

>よいお話でした。

ありがとうございます!!
ミーナ |  2009.02.20(金) 20:57 | URL | 【編集】

かのんさんへ

> 鈍過ぎるぞ青木―――――――――――――――!!!!!!!

まったくこの子は、どれだけ鈍いんですか、もう!(>□< )

> そうなんですよね。
> 私も公的機関にお勤めしておりましたし、一族もほとんど公務員なので、分かります。
> 数年で、すぐ異動しちゃうんですよね。
> ましてキャリアなら余計に。

一族ほとんどってスゴイですね!
かのんさんの折り目正しい雰囲気は血筋から来てるんですねー。
うちの会社も本社採用の人は工場に来ても大体2,3年で転勤してっちゃいます。
これも似たような感じなんでしょうね(え、次元が違う?w)

> 分かってるんです。
> 分かってるけど・・
> ほら、第九は特殊な機関だからっ!!
> すぐには仕事覚えられないし。
> 第九で得た情報は最高機密だから・・・って・・そう言ったら警察機関全部そうですよね・・。

第九は特殊な機関で他の部署とは一線を画しているので、普通の出世コースは当てはまらないかな、とも思いました。
が、今回はとりあえず一般的に考えてみました。
本当に一般的に考えるなら第九のメンバーは既に総入れ替えされててもいいくらいだと思いますけどね・・・。よく知らないですけど・・・
第九には時々新人が入ってくるらしいですけど(でもすぐに辞めちゃいますが)、これって実は人員補充の為ではなく、誰かを異動させようとしてのことじゃないかと思います。
青木が異動になる可能性が高いので、薪さん、わざと新人にキツイ映像を見せたりイジメたりしているのでは、なんていらぬ妄想も広がっちゃいます(^^)

> 分かってはいるんですけど、薪さんと青木が別々の道を歩んでいき、二度と会わないというのは、考えたくないなあ・・。

できればずっと一緒に第九で仕事をしてほしいです・・・。
でも青木が結婚して子供が生まれて、ていうのを薪さんが側で見ているのも切ない・・・(TT)

> まあねえ・・リアルに考えれば、原作のあの世界で、薪さんと青木がずっと共に手を携えて生きていくっていうのは考えにくいと、それは分かってるんですよ。
> 分かってるからこそ、自分の創作の世界に逃避しているのかもしれません・・・

私もそうです。
私は原作では逆に2人は結ばれてほしくないと思っています。(秘密がBL漫画になるのがイヤなので)
だから皆さんの創作でラブラブな2人が見られるのが楽しくてしょうがありません!

> 青木が、考えているうちに少しずつ、少しずつ、薪さんへの想いが深まっていく(でも自覚してないという・・)その過程がよく分かって、じんわり、しんみり、させていただきました(つ;)

うをーーーーありがとうございます!!
できるだけ自然に青木の気持ちが変化していくのを描きたかったんだけど上手くいかなくって・・・
才能の無さに愕然としましたけど、感じ取っていただけて嬉しいです!!

> ルイスは、私の理想の女性像です。
> 実はこのことを、そのうちブログで記事にしたいなあと思っていたところなので、偶然にも、嬉しかったです。

ルイス、いいコですよねー。私も大好きです。
結構口が悪いんですけど(^^;)、でも憎めない。
確か清水先生もルイスが好きっておっしゃってたような・・・。
今度かのんさんも記事にされるのですね!楽しみですー。

> コハルビヨリさんへの、薪さんのお叱りの代筆、どうもありがとうございましたm(_ _)m
> リクエストに応えて下さって、とても嬉しかったです!!
> 薪さんが、青木にされたマッサージをしっかり覚えているという事実に、なんか萌えました・・(笑)

あ、どうもスミマセンwww
かのんさんの小説からネタ貰っちゃいました~(^▽^;)
ミーナ |  2009.02.20(金) 21:45 | URL | 【編集】

原麻めぐみさんへ

> >青木はキャリアだし2,3年もすれば昇進するし配属も変わる、
> >ということは第九もそろそろ離れる頃なんじゃないかと思いました。
>
> なるほど、そういうものなんですねー。

青木は多分今は1つ昇格して、警部になってると思います。
20代後半には警視にもなるし、ずっと同じ職場のままってことはないと思うんですよねー。
でも第九は特殊な部署だし、新しい人を入れてもすぐ辞めてしまうし、上層部もどう運用していいか困惑してるのかも。
長続きしている今のメンバーが貴重なので、今のままもうしばらく続くかもしれませんね。

> このお話では青木、特に薪さんと何事もなく別れ、そして会うこともなかったという…。
> 薪さんも定年退職…うおー、どんな風になっているんでしょう。

ごく普通の上司と部下として別れていったのですよ。
でも多分薪さんも青木と同じように、いつまでも若い青木の姿を夢に見続けているのでは・・・
じいさんになった薪さんはちょっと想像したくないです!!

> 青木、会いたいならもっと早くに会っておけー!!

でも何年も何十年も逢いたいと思いながら逢いに行っていないんですよね、青木のバカは。
どうしようもないバカです。
自分はノーマルだと信じきっているんでしょうね・・・。
私達のように(オイ)扉をひとつ開けば、全く違った景色が見えるのに!!

> まさか、この夢を見た時刻に薪さんが老衰でお亡くなりに…?(^^;

キャーーーーそれは考えませんでした!!(@□@;)
薪さんも同じく青木の夢を見ている、ということでお願いします!
夢に知り合いが出てくるのは自分が相手を想っているのではなく、相手が自分を想っているから
だという話を聞いたことあります。
きっと、お互いにずっとずっと以前から夢で逢っているのでしょうネ。
ミーナ |  2009.02.20(金) 22:09 | URL | 【編集】

に、にぶい・・・

青木のにぶさに唖然・・・
こやつは自分のにぶさを理解した方が良いですね(ーー;

薪さんを想って、だんだん薪さんへの気持ちが深まる・・・
けど結局その想いが何なのか気づくことはなかったんですね・・・(;;)

薪さんは今どこで、どんなことを考えてるんでしょう・・・
青木を想ってるんでしょうか・・・
昔のことを思い出しているんでしょうか・・・
以心伝心な二人だもの。きっとお互いを想い合ってるんでしょうね・・・

うぅ・・鬼束ちひろの「流星群」を聴きながら書いてます・・・
かなり涙腺ヤバめです・・・(;;)

う、うわぁぁぁぁぁぁん。・゜・(/Д`)・゜・。

だ~か~ら~!!!
さっさと薪さんに告っとけ!って散々言ってただろー!!!
絶対後悔するんだからー!もうっ青木のにぶちんバカっ(><;
じーさんになってからじゃ遅いんだからねー!
もう薪さんとピーーすることもピーーすることもできないんだから!!

ぜーぜー・・・

失礼しましたm(__;)m

コハルビヨリ |  2009.02.22(日) 19:42 | URL | 【編集】

コハルビヨリさんへ

> 薪さんを想って、だんだん薪さんへの気持ちが深まる・・・
> けど結局その想いが何なのか気づくことはなかったんですね・・・(;;)

多分コヤツは自分で認めないと思ったんですよね。
薪さんに恋していたことを。

> 薪さんは今どこで、どんなことを考えてるんでしょう・・・
> 青木を想ってるんでしょうか・・・
> 昔のことを思い出しているんでしょうか・・・
> 以心伝心な二人だもの。きっとお互いを想い合ってるんでしょうね・・・

多分薪さんも、青木と同じように何十年もの間、青木の夢を見続けてきたと思います。
でも薪さんは青木への想いは自覚しているんです・・・
くはぁ~、切ないよぉ~(TДT;) ←自分で書いといてw

> うぅ・・鬼束ちひろの「流星群」を聴きながら書いてます・・・
> かなり涙腺ヤバめです・・・(;;)

一緒に泣きましょう・・・
ま~き~すわ~~~~~~~~ん(涙)

> だ~か~ら~!!!
> さっさと薪さんに告っとけ!って散々言ってただろー!!!
> 絶対後悔するんだからー!もうっ青木のにぶちんバカっ(><;

ホントにね・・・
薪さんからは絶対言わないと思うので、青木に動いてもらわないと!!

> じーさんになってからじゃ遅いんだからねー!
> もう薪さんとピーーすることもピーーすることもできないんだから!!

欲望に忠実なコハルビヨリさんが好き(笑)
ミーナ |  2009.02.23(月) 12:12 | URL | 【編集】

コメントを投稿する

URL
COMMENT
PASS  編集・削除するのに必要
SECRET  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://ustimih.blog33.fc2.com/tb.php/119-934653ed
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | HOME | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。