07月≪ 2017年08月 ≫09月

12345678910111213141516171819202122232425262728293031

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 |  スポンサー広告  |  EDIT  |  Top↑

すぐに行くから

2009/04/21 (Tue) 13 : 05

RのSSですスミマセン・・・


こないだR絵を描いた直後くらいに書いていたものなんですけど、
上手い具合に文章をまとめられなくてなかなかアップできなかったのと、
一度腐るところまで腐ったので気が済んだのか、あれ以来腐オーラが沈静化されてきたようで、
最近はこういうのが恥ずかしくて・・・(^^;)
ボツにしようと思ったんですけど・・・読んで下さる心優しい(?)方もいるだろうとも思うので、
アップしておきます。ヒーー恥ずかしいよぉ!!



結構ハードめな内容です(多分)。
18歳未満な方と腐ってない方は以下をクリックしないでください!


【More・・・】

* * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * *









青木がトイレに入ると、用を足している最中の薪と目が合った。

「あ、薪さん。こんな所にいたんですか。さっき曽我さんが薪さんを探していましたよ」
「そうか。犯人の脳からやっと証拠が出たのかもしれないな」

話しながら青木は薪の隣りに並んだ。

チラ・・・ッと、薪のほうを見る。

目隠しがあるものの、背の高い青木にそれは意味はなく、上からバッチリ見えてしまった。

う、ヤ、ヤバイ・・・・・・・・
最近やってないし、なんかもう、オレ・・・
うわっ・・・・ どうしよう・・・・・
ダメだ・・・・ 止められない・・・・・・・・・っ

用が済んで下着に仕舞おうとしている薪を見て
「あっ 待ってください!!」
と青木が言った。
「はっ?!」
と怪訝な顔で青木を見る薪。
「ちょっと待って・・・」
急いで用を済ませた青木は、ガシッと薪の腕を掴んだ。

薪は目を真ん丸くひんむいた。
薪のほうを向いた青木のアレは、既に大きくなり斜め上に向かって伸びていた。

「おまえっ・・・・・・・・・・・」

言葉を失った薪をガバッと両腕で掴み、強引に個室に連れ込んだ。

「バッ・・・!!!ふざけるな!!!何考えてるんだ!!!!!!!」
「だって・・・、最近忙しくて全然会ってないし・・・、やってないじゃないですか・・・」
「だからって、こんな所でそんな気になるヤツがあるかっ!!!!」
「だって見ちゃったから・・・・・・、薪さんが無防備にオレに見せるからいけないんですよ・・・」
「トイレだから当たり前だろう!!!」

薪は壁際に押し付けられ、青木に後ろから覆いかぶさられて身動きが取れない。
出したままになっている薪のモノを青木は掴み、ゆっくりとスライドを始めた。

「・・・・っ 青木っ・・・・・・ やめろ・・・・・・・・・・!」

青木は熱い吐息を薪の耳の中で吐く。
全身がゾクゾクッと震えた。ダメだ、僕までおかしくなりそうだ。
警察官たるもの、こんな・・・職場で・・・不埒な真似を・・・・・
しかし、青木の手の中で固くなる体を止めることができない。

「やめろ・・・・・イヤだ・・・・・・っ」
「そんなこと言うと余計に興奮するから無駄ですよ薪さん・・・」

このバカ・・・!!
股間を蹴り上げてやろうか、とも思ったが、
さっきから背中に当たっている、青木の固く大きなアレが・・・
自分にどれほどの快楽を与えてくれるか、知っている。
思わず、欲してしまいそうになる。

「んっ・・・・」
手の動きが少しずつ早く強くなってきて、薪の口から吐息が漏れてしまった。

「人が・・・来たら・・・どうするつもりだ・・・・・・・んんっ・・・・・・・・」
「誰も覗かないから大丈夫ですよ・・・。薪さん、早く終わらせますから・・・・」

そう言って、青木は薪のスラックスと下着をスルッとおろした。
白くて丸いお尻があらわになり、その谷間を指でなぞった。

「・・・・・・・・・っ」

指を1本、2本と入れ少しずつ押し広げ、そして青木自身を差し込んだ。

「・・・・・・っっ
 ・・・・・・・・・っっっ
 んっ・・・・・・・・・・・っっっ」

薪は声を出さないように口を固く結んでいた。
しかし必死に我慢する薪の姿と、時折漏れる悲鳴のような小さな声を聴いて、
妙に興奮した青木がいつもはあまり出さない声を漏らしていた。

「薪さん・・・・・、ああ・・・・・・・ あああ・・・・・・・・・・」





バタンッッッ
突然トイレの入り口のドアが開いた。

「青木ぃ、いるのかぁ~?」

曽我の声だ。

「はっっ・・はいっ・・・・・・・・」
「薪さん、見なかったか?」
「あ、はい・・・・ ここにもいなかったですよ・・・・・」
「そうか・・・ ちぇ~、薪さん一体どこに消えちまったんだよぉ」
「そ・・・そうですね・・・・・・・・・」
「青木、お前便秘か?廊下までお前の声が響いてたぞ?う~ん、は~あ、って。大変だなぁ!
 無理して出すと切れるから気をつけろよ!」
「あ、ありがとうございます・・・・・・・・」

あ~あ、中庭のほうも見てみるかなぁ、と言いながら曽我はバタバタと遠ざかって行った。






「・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・」





時が止まったみたいに2人は身動きが取れなくなっていた。








「・・・・・おい、僕はもう行かないと・・・・・」
ボソボソッと囁くような声で、薪のほうから口を開いた。

「・・・・・わかってます・・・・・・・」
青木も消え入りそうな声で小さくこぼした。

「早く、離せよ・・・・」

「・・・・・はい・・・・・・・」

「・・・・・・・・・・・・・でも、せっかく入ったままだし、最後までいかせてください」
「なっ・・・・」
「すぐいきます・・・・っ!」
「・・・・・・・・・っっっ!!」







* * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * *







・・・・・・・・どうもスミマセ~~~~~ン(^^;)
クサイ仲でゴメンナサイwwww
そして強引なのが嫌いな人も、ゴメンナサイ・・・・・・・・・・

やっぱり文章を書くの苦手です~~~~~~!
ダメだ、才能ない・・・・・・・・
誰か添削して・・・・・・・・・


実はちょっと調べたんですけど、ア★ルセッ★スをするには、事前に腸内洗浄をしといたほうがいいとか(ヌコがつくから)、あそこの中は細菌だらけなのでコン★ームは必須だとか、滑りをよくする為にローションを使ったほうがいいとか、色々注意事があるようですね。
だからこのように行き当たりばったりな行為は決してしてはいけませんよ青木くん!!


テーマ : ボーイズラブ - ジャンル : アニメ・コミック

 |  二次創作(ss)  |  トラックバック(0)  |  コメント(12)  |  EDIT  |  Top↑

Comment

そんなに強引でもなかった気が・・・。

ミーナさん!こんにちは!
今日は仕事が休み~なのでお出かけ前に何の気なしにこちらをちらっと覗いたらとんでもないことが起こっててびっくりしました!
きゃ~~ん!

ととととといれの中ですか・・・?

実はそういう妄想・・・私もしたことが・・・。(白状した!)
でも、何だかリアルな感じがしてやめたんですけどね・・・。

どこがリアルって・・・。
私の夫が昔、トイレの中でヤバい状況になったことがあったらしいから・・・。(ヒソヒソ・・・)

この前、詳しい状況を聞いてみたら(聞くなって!)某駅近くの男子トイレに入ったら、既にそこにいた男性と目があったけど、そのまま個室に入ろうとしたら(夫は別に大の方がしたかったわけではなくて、空いていればいつも個室派らしい)スッと一緒に個室の中に入ってきたらしいっすよ!

特に何もされはしなかったらしいですが・・・。(本当に?)
そのまま、トンっとその男性の体を押して出てきたそうです。

夫いわく、「俺がその気になるのを待ってたんじゃないの?」という冷めた反応でしたが・・・。
夫があまり驚いていないのは萩尾作品とか昔から読んでたから免疫が(どんな?)あるんでしょうね?

逆になまじそういう(腐女子的)世界を知っているだけに・・・。
(知らなければこんな妄想の世界、想像もできないでしょうね!)
私のブログは秘密にしておかないと・・・。

全然関係ない話でごめんなさい!
いや・・・本筋にはどうコメントしてよいか・・・ははは~!

でも、薪さんを襲いたくなっちゃう青木君の気持ち、わかりますよ!

しかし・・・何か腑に落ちないのは・・・。
薪さんが用を足している姿が想像できない・・・ってこと・・・。
(アイドルがトイレに行かないと思いこんでるようなファンの心境・・・)

用を足す姿が想像できないのに、〇〇を出す姿は想像できるのか?っていう・・・突っ込み・・・やめてくださいね!
ミーナさん!


失礼いたしました!



みひろ |  2009.04.21(火) 15:05 | URL | 【編集】

ふぇ、ふぇ、ふぇ、ふぇいんとっっっ(@@;

足を踏み入れた途端★

あらまぁ★

なんという★

ことでしょう★

ついに職場でのトイレ個室えっちですか★

危険すぎて興奮度MAXじゃないですか~~(//▽//)♪

>薪は壁際に押し付けられ、青木に後ろから覆いかぶさられて身動きが取れない。

Welcome to is されるがまま~なすがまま~★サイコー♪♪♪♪♪♪

>出したままになっている薪のモノを青木は掴み、ゆっくりとスライドを始めた。

リ、リアル、あいたたたたた(>▽<;

強引大歓迎デスvvv
今後は青木にはもっともっと強引になっていただきたいものですね(ー▽ー)

曽我が来た時の、合体したままの静止した姿を想像したらおバカっぽくて笑えましたw
ぜひともミーナ姉たんに描いていただきたいです★ウ腐♪

これからも恥ずかしがらずにガンガンR系SS書いてくださーい(^O^)/♪
下克上プレイなんか書いてくださると飛び上がって喜びます!!(@▽@;ハァハァ

コハルたん |  2009.04.21(火) 16:10 | URL | 【編集】

ミーナさん、越えてからは本当に・・

こういう場所こそ、監視カメラも無さそうですからね・・にしても・・

>警察官たるもの、こんな・・・職場で・・・不埒な真似を・・・・・

↑この一文に一番萌えた私って・・何??

驚きつつも、ちゃっかり楽しませていただきました(笑)
名付けるなら「ハード○アコメディ」って感じで(←そんなジャンル有り?)
是非ミーナさんならではの世界を築いていって下さいませ(^^)

それにしても、青木だけ早く行ってしまったら、薪さん物足りないのでは・・
退勤してからごゆっくり、薪さんを満足させてあげてね、青木!
かのん |  2009.04.21(火) 16:49 | URL | 【編集】

うおっっっ!!!

こんばんは。ミーナさん★★★

いゃ~~ん(^。^;)
ビックリしました★★★

ミーナさん、さすがですね(*^o^*)
禁断中の禁断のオフィスのトイレ★★★
>警察官たるもの、こんな・・・
きゃっ(≧∇≦)

かのん様同様に、このセリフに反応しますっっっ(*^o^*)
快感を堪えようとする薪さんに激しくドキドキ★★\(≧∇≦)/★★

しかし、探しに来たのが、曽我で良かったですね♪

岡部さんだったら・・・、いやいや、今井さんだったら、何となくバレてしまいそうですね(^_^;)

意外と、一番奥の個室に小池が入っていたりして・・・(爆)
出るに出られなくて、中で真っ赤になっいるかも(≧∇≦)

とっても、楽しかったですよ\(^ー^)/
また、書いてくださいね(^_^)v

たつまま |  2009.04.21(火) 22:38 | URL | 【編集】

みひろさんへ

> 今日は仕事が休み~なのでお出かけ前に何の気なしにこちらをちらっと覗いたらとんでもないことが起こっててびっくりしました!

ミーナは時々とんでもないことを仕出かしますのでお気をつけくださいwww

> 実はそういう妄想・・・私もしたことが・・・。(白状した!)
> でも、何だかリアルな感じがしてやめたんですけどね・・・。

いつかみひろさんも書かれるのではないかとちょっと思ってました。
でもちとリアルですね(^^;)

> どこがリアルって・・・。
> 私の夫が昔、トイレの中でヤバい状況になったことがあったらしいから・・・。(ヒソヒソ・・・)

あ、そういえば以前にもおっしゃってましたねぇ!

> この前、詳しい状況を聞いてみたら(聞くなって!)某駅近くの男子トイレに入ったら、既にそこにいた男性と目があったけど、そのまま個室に入ろうとしたら(夫は別に大の方がしたかったわけではなくて、空いていればいつも個室派らしい)スッと一緒に個室の中に入ってきたらしいっすよ!

うーーん本当にリアルですwwwww
あるんですねぇ、そんなことが・・・・・

> 夫があまり驚いていないのは萩尾作品とか昔から読んでたから免疫が(どんな?)あるんでしょうね?

少女漫画の「少年同士の恋」の免疫力で、「トイレでガチ」に打ち勝ったご主人様あっぱれです!!

> 逆になまじそういう(腐女子的)世界を知っているだけに・・・。
> (知らなければこんな妄想の世界、想像もできないでしょうね!)
> 私のブログは秘密にしておかないと・・・。

逆に楽しく読んでくれるかもしれないですよ?
みひろさんのSSは明るくて可愛いですからあんまりイヤらしくないし(^^)
あ!腐女子世界に免疫があるなら、都めぐるさんみたいにご主人様にインタビューして下さらないかしら?!
ブログのことをカミングアウトするかどうかは別にして、薪さんは青木をどう思っているのかとかを男性目線の意見を聞いてみたいです!!
って、ご主人様は「秘密」を読んでらっしゃるのでしたっけ??
すみません勝手なこと言って・・・w

> しかし・・・何か腑に落ちないのは・・・。
> 薪さんが用を足している姿が想像できない・・・ってこと・・・。
> (アイドルがトイレに行かないと思いこんでるようなファンの心境・・・)

なんせお食事されてるお姿も拝見したことがないので、それらを出されるお姿は更に想像がつきませんね!まぁでも人間ですから、当然トイレにも行きますわな・・・

> 用を足す姿が想像できないのに、〇〇を出す姿は想像できるのか?っていう・・・突っ込み・・・やめてくださいね!
> ミーナさん!

〇〇って、薪さんのアイスキャンディの白いミルクですか?!
って突っ込みました♪
ミルク出す薪さん、色っぽいだろうなぁ~(´∀`* )ウットリ・・・
ミーナ |  2009.04.22(水) 11:52 | URL | 【編集】

コハルたんへ

ふぇ、ふぇ、ふぇ、って、笑ってるのかと思いました(笑)


> 足を踏み入れた途端★
>
> あらまぁ★
>
> なんという★
>
> ことでしょう★

祝・復活★のビフォーアフターですか!

> ついに職場でのトイレ個室えっちですか★
>
> 危険すぎて興奮度MAXじゃないですか~~(//▽//)♪

青木が興奮しまくってますもんねw
まったく・・・この2人には税金払わないゾ!

> Welcome to is されるがまま~なすがまま~★サイコー♪♪♪♪♪♪

薪さん完全にされるがままですw
薪さんも本気では抵抗してないですけどね!♪

> >出したままになっている薪のモノを青木は掴み、ゆっくりとスライドを始めた。
>
> リ、リアル、あいたたたたた(>▽<;

そうなんです、リアルなんです・・・
なんだか匂ってきてしまいそうでスミマセン(>▽<;)

> 強引大歓迎デスvvv
> 今後は青木にはもっともっと強引になっていただきたいものですね(ー▽ー)

薪さんを傷つけないように強引にヤッてもらいたいですね☆

> 曽我が来た時の、合体したままの静止した姿を想像したらおバカっぽくて笑えましたw
> ぜひともミーナ姉たんに描いていただきたいです★ウ腐♪

イヤイヤイヤ・・・今は腐オーラが沈静化してますので描けないですウフ!

> これからも恥ずかしがらずにガンガンR系SS書いてくださーい(^O^)/♪
> 下克上プレイなんか書いてくださると飛び上がって喜びます!!(@▽@;ハァハァ

また腐パワーが充電(?)できたら書くかもです!
ミーナ姉たん |  2009.04.22(水) 12:11 | URL | 【編集】

かのんさんへ

> ミーナさん、越えてからは本当に・・

最近は下降気味ですよん!

> こういう場所こそ、監視カメラも無さそうですからね・・にしても・・

今後これがクセにならないといいのですが・・・
しかし薪さんは青木に見つからないようにコッソリトイレに行くようになるでしょうねwww

> >警察官たるもの、こんな・・・職場で・・・不埒な真似を・・・・・
>
> ↑この一文に一番萌えた私って・・何??

本当ですか!
これ一番最後に書き足したんですよ。
気に入っていただけて良かったです~♪

> 驚きつつも、ちゃっかり楽しませていただきました(笑)
> 名付けるなら「ハード○アコメディ」って感じで(←そんなジャンル有り?)
> 是非ミーナさんならではの世界を築いていって下さいませ(^^)

イエイエ、書き物は苦手なのであんまり書けないです~!
また腐オーラが復活したらなんか書くかもしんないですけど!
っていうか多分今週中にもう1コ下書保存してるヤツをアップするかも・・・

> それにしても、青木だけ早く行ってしまったら、薪さん物足りないのでは・・
> 退勤してからごゆっくり、薪さんを満足させてあげてね、青木!

夜になって薪さんと青木2人きりになってから
「おい、お前は満足したかもしれないが僕は不満だ。僕も最後までイカせてくれ」
なんてことになるかも?!
今度は室長室でたっぷりと時間をかけて・・・
キャア♪不埒な警察官がここに2人いるぅ!♪
ミーナ |  2009.04.22(水) 12:21 | URL | 【編集】

たつままさんへ

> ミーナさん、さすがですね(*^o^*)

さすがって何がっすかwwwww

> 禁断中の禁断のオフィスのトイレ★★★

確かにトイレは出す所だけど・・・出すモノが違いますね!!
もしかして今後薪さんと青木が連れシ●ンする(しかもなかなか帰ってこない)ことが多くなるかもしれません?!
味をしめちゃダメ~~!(><)

> かのん様同様に、このセリフに反応しますっっっ(*^o^*)
> 快感を堪えようとする薪さんに激しくドキドキ★★\(≧∇≦)/★★

必死に堪える薪さん・・・
しかし堪えきれず思わず声をもらす薪さん・・・
萌えますね~~キャア~~~~~ン(*ノノ)

> 意外と、一番奥の個室に小池が入っていたりして・・・(爆)
> 出るに出られなくて、中で真っ赤になっいるかも(≧∇≦)

ブッハ!!笑いました!!
小池居そうですねー!!
しかもあちこちに言いふらしそうです!!
ヤバイですよ~今後は誰も居ないかチェックしてからしたほうがいいですね!

> とっても、楽しかったですよ\(^ー^)/
> また、書いてくださいね(^_^)v

ありがとうございます~嬉しいです~(;▽;)
また血迷って何か書いた時は読んでやってくださいませ!
ミーナ |  2009.04.22(水) 13:10 | URL | 【編集】

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
 |  2009.04.23(木) 23:21 |  | 【編集】

ぶー!
二人ともお仕事場でそんな危ないことするなんて。

最後の4行にミーナさんのこだわりを感じました。オフ会のときも心配されてましたよね。

ともさんは妄想に都合のいい身体で考えてらっしゃるそうですが、ミーナさんはリアルなのがお好きですか?
実際は挿れるとこまでは怖くてやらないっていうのが多いらしいですが…

す、すみません。
何回読んでも衝撃的です。ごちそうさまでした!
志水 |  2009.04.26(日) 20:14 | URL | 【編集】

鍵コメが得意な恥ずかしがりやのKさんへ

いつもありがとうございます♪
そしてお返事遅くなってごめんなさいwww
ただでさえ忙しいのに風邪引いてしまったものですから・・・
(昨日1日出かけてて、今日1日寝てました)

Kさんの考える2人はかなり慎重ですね!
確かに大っぴらに出来ない関係ですけど、たまには逢ってもらいたいです~。
室長室やトイレが2人のメイク☆ラブの定番スポットになるんでしょうか・・・。
それもいいけど、ベッドで心置きなく行為に没頭してもらいたい気も・・・。
青木が薪さんと同じマンション(できれば隣の部屋)に引っ越して来たらいいのに。

二次創作に経験とか関係ないと思いますよ!妄想のみで突っ走れます(笑)
だって私だって男同士のチョメチョメなんて知る由も無いですからwww(無修正動画は見ましたが)
Kさんの二次創作も見てみたいな~(^^)♪

これからも腐オーラが舞い降りたらエロコメ(笑)作りにがんばりま~す!
ミーナ |  2009.04.26(日) 22:59 | URL | 【編集】

志水さんへ

> 二人ともお仕事場でそんな危ないことするなんて。

忙しくてなかなか逢えないので、青木くんが溜まっちゃってたみたいですね~。
実はトイレの住人(?)小池が奥の個室に居て一部始終を聞いていたりしないといいのですが・・・

> 最後の4行にミーナさんのこだわりを感じました。オフ会のときも心配されてましたよね。

薪さんの下の口がガバガバになったり切れたりしたらイヤなんですもの(><)
今回のように薪さんの体が受入れ体勢になってないうちに挿入しちゃったら、薪さんも相当辛いハズ。
本当はローションでたっぷり濡らして充分に慣らしてからじゃないとダメみたいです。
ってことを真剣に考えてましたけど、これはただの二次創作なんで、そこまでは書きませんけどね(苦笑)

> 実際は挿れるとこまでは怖くてやらないっていうのが多いらしいですが…

実際とは、二次創作ではなく実体験としてですか?
正しいやり方を勉強してからじゃないとダメだと思いますね。
急に入れられたらメチャクチャ痛いしね!(笑)
でもアソコも立派な性★帯であることは間違いないみたいです。

> 何回読んでも衝撃的です。ごちそうさまでした!

何回も読んでいただいてるのですね・・・恥ずかちー!
ミーナ |  2009.04.26(日) 23:13 | URL | 【編集】

コメントを投稿する

URL
COMMENT
PASS  編集・削除するのに必要
SECRET  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://ustimih.blog33.fc2.com/tb.php/146-5b8b6580
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | HOME | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。