09月≪ 2017年10月 ≫11月

12345678910111213141516171819202122232425262728293031

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 |  スポンサー広告  |  EDIT  |  Top↑

青木の気持ち

2009/08/22 (Sat) 16 : 48

怒濤の考察記事3連発です(笑)
書き溜めていたものを一気に放出しておりますスミマセン・・・




今度は青木について。
青木が薪さんに特別な感情を持っていることはほぼ間違いないと思われます。

間違いないんです!!!!


では、青木は一体いつから薪さんに惹かれていたんだろう(^^)、ということを考えてみました。


※ミーナの願望が前面に出た100%妄想による考察です。当てにしないで下さい。




【More・・・】



えっと、順を追ってみると、
「2005」で「必ずオレが後ろについて支えますから」と言ったあの辺りから、「庇護欲」みたいなものが芽生え始めたんじゃないかと思います。
ずっと年上のずっと目上の人を「支える」だなんて思うのはある意味薪さんを見下ろしていると思われても仕方ないほど失礼なヤツですが、青木にはなんの悪気もないので良しとしましょう。
この時からただの上司としてでなく一人の人間として薪さんを見るようになり始めたのではないでしょうか。
(もともと薪さんは青木の憧れの人だったし、鈴木や貝沼の事件で苦しむ姿も見ていたので最初から「ただの上司」ではなかったのだと思いますが)


そして「2007」。
雪子登場です。
青木はさも雪子に一目惚れしたかのような描写でしたが、あれは鈴木の脳の映像に登場していた人物を目前にして「をや?」と思っただけです。
雪子は薪さんのことを「つよしくん」と呼んでいました。
薪さんも「雪子さん」と呼びニッコリと笑顔を見せていたし、青木は、薪さんと親しげな女性の出現に戸惑ったのです。
「この人は一体薪さんのなんなんだ?」といった興味を、鈍感な青木は「自分は雪子に気がある」と勘違いしたのです。
薪さんとタメ口で話し、薪さんと同等の立場にある雪子を青木は羨ましいと思った。
「オレもあそこまで行きたい。薪さんと同等に渡り合えるようになりたい。」と思った。
そんな羨望の想いを「恋」だと勘違いしたのです。


「2008」の冒頭でも、岡部に「薪さんの投げるボールをシッポ振って取ってくるだけだったお前が」と言われて青くなって怒ってますが、これもそういうことなんです。
「いつまでもホイホイと言うことを聞いているだけでいたくない。オレは薪さんのペットか下僕なんかじゃない!」ということなんです。


そうです。「2007」「2008」の青木の反乱は、
薪さんと対等の位置まで行きたい、ただの部下で甘んじていたくないという気持ちの表れなんです。

年上の人に恋すると背伸びしたくなっちゃいますからね(^^)
必死だったんですよ青木は。


色々勘違いして雪子にプロポーズなんてしたりしましたが、これは薪さんのことを好きだと思った雪子の目を自分のほうに向けさせたかったのでは。
雪子が薪さんと同じように自分のことも見てくれたら、薪さんと同じ位置にいける気がしたのではないかと思います。
直前に捜査会議で雪子をコテンパンに打ちのめした薪さんを見、改めて薪さんの凄さに気づいた青木は、到底敵わないと思った。
(この時の薪さんの横顔が壮絶に美しいのですが、これは青木目線の薪さんですよね)
薪さんに対抗して雪子を庇ってみたりしましたが、雪子に即効却下され全く所在のない青木・・・。完全なる敗北。この2人の間に入っていけない。
だから、せめて他人の目の中でだけでも薪さんと同等になりたかったんです。
「あなたが誰を見ていても、オレはあなたが」
これは青木の一途な恋心にも思えますが、実は「薪さんよりもオレを選んでほしい」ということですね。
薪さんに対抗してのことなんです。



・・・・ええ、色々飛躍してると思いますが温かい目で見守って下さりませ(^^;)




そして「2008特別編コピーキャット」で以前見た鈴木の脳の映像を思い出します。
「自分が雪子にプロポーズしたのは鈴木の想いのコピーキャットではないのか」と悩む青木・・・・
に見えますが、これも違います。
そこには自分の知らない薪さんの姿があった。
同僚とみられる人達とコーヒーを飲み楽しそうに笑っていた。
鈴木の顔を覗き込み心配そうに話しかけた。
自分には見せたことのない、親しげな表情を他人に見せていた・・・そのことにショックを受けたのだと思います。
(薪さんを見つめる雪子を見てグルグルしているのは鈴木ではなく、青木です。薪さんを見てグルグルしているんです。)
鏡を見ると「どうだ、羨ましいか」と言わんばかりの鈴木の顔が。
うるさいっ・・・消えろ死人が・・・!!と鏡を叩きます(鈴木さんを好きな人、ゴメンナサイw)
この時初めて、鈴木の目に映る雪子の姿よりも、薪さんのことのほうが気になっている自分に気づいたのではないでしょうか。


少し時間は戻りますが、青木が薪さんの気持ちに感づき始めたのは、「2007」特別編からだと思います。
寝言で青木の名を呼んでいた薪さん、
そこに「外科室」の話をし、「あれ?てことは薪さんは俺のことを・・・?」
という疑問が生まれたんではないかと思います。

それで少しずつ薪さんの想いを気にし始め、
この「コピーキャット」でようやく自分の気持ちにも気づき始めたのです・・・!
「オレが好きなのは雪子先生ではなく、薪さんなのではないか」と・・・!

だから「2009」では青木は薪さんのことばかり考え、薪さんのことばかり見ているんですね。
自分の気持ちを確かめるように、薪さんの気持ちを確かめるように。


さてそして医務室で自分に抱きつく薪さんに何も言えなかった青木ですが、これは当然なんです。
ヘリで特攻するというトンデモ計画を打ち立てた青木、しかしこれが実現できたのは全て薪さんのおかげです。
望美を実際救出したのは海保だし、青木は手を怪我して(メガネをおしゃかにして)帰ってきただけ。
薪さんが上層部にかけあい警察、海保を動かしたんです。
薪さんが協力してくれなかったら、青木なんかな~んにも出来なかった。
そんな状態で、「あなたの側にいて支えます」なんて言えるわけがありません。


今はまだ「その時」ではないんです。
まずは青木は、薪さんと対等にならないといけないんです。


だから、今後の展開としては、薪さんのピンチを青木が救うという場面が必ず来ると思います!
そうすれば、青木はもう何も悩むことはありません。
薪さんに今度こそ堂々と「あなたの側に居て支えます」という言葉を言えるのです。









な~んて、なんかいかにも最もらしく言っちゃってますね!ウフフ!
妄想もここまでいくと立派でしょ?!www
本当に、そうだったら、どんなにいいか・・・・フゥ・・・・・・・・


いや、信じるぞ!!!
青木は最初っから薪さんを好きだったと・・・!!!



テーマ : 漫画の感想 - ジャンル : アニメ・コミック

 |  秘密 考察  |  トラックバック(0)  |  コメント(5)  |  EDIT  |  Top↑

Comment

拍手鍵コメいただいたSさんへ

あわわ、こんな妄想に影響受けないでください~~~(@▽@;)
でも、きっとそうです!(笑)
青木は最初から薪さんしか見てなかったんです!
あと少し青木が大人になって、薪さんが正直になれば・・・
ハッピーエンドまではまだ遠そうですが、いつか必ず結ばれるんです!!
楽しみですねウフフフフ(^▽^)♪
ミーナ |  2009.08.22(土) 22:49 | URL | 【編集】

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
 |  2009.08.23(日) 00:46 |  | 【編集】

こんにちは、ミーナさん。ruruharuです。
そろそろご訪問しても構わないかな‥と思い伺いました。

ミーナさん‥そのとおりです!!
絶対間違いありません!
2010はきっと新しい展開があると信じています。
でなきゃ清水玲子さんの作品ではない!
‥と思います。‥偉そうですみません‥。

10月号も12月号も私はどうでもいいと思ってます。
‥どうせMさんと青木のふざけた話なのだろうと‥
だったらどうでもいいのです。
‥Mさん好きの方‥申し訳ありません。
ミーナさん、少し過激でしたらごめんなさい。

人間希望がなければ生きていけないんです(T_T)
ミーナさんがおっしゃるような未来を信じるしか‥道は
ございません‥青薪派の者にとっては。

この暑いなか熱く語ってしまいましたが
希望を抱いてあと数か月‥死んだように息をしてまいりたいと思います

ミーナさん‥私の大好きな色っぽいイラスト‥楽しみにしております。
ごめんなさい!余計なことを言いましたm(__)m
でも‥待っておりますので(^_^;)

薪さんの色紙の件ではお世話になりました。
今頃‥申し訳ありません。

お邪魔しました。
ruruharu |  2009.08.23(日) 12:48 | URL | 【編集】

鍵コメいただいたMさんへ

駄文3連発を読んでいただいてありがとうございます(^^;)

> 私も、事件の担当者として説明しているだけだと思っていたので・・・

そうですよね、そうですよね!
千堂は誘拐事件、殺害事件の当事者として、薪さんは責任者として、それぞれ聞く・話す義務があった、それだけのことですよね!
薪さんは意地悪じゃないやいっ!!
ましてや八つ当たりなどじゃあ・・・・・まぁ千堂はちょっととばっちりを受けたとは思いますが(^^;)

>あの、薪さんの背中の凄絶な孤独感。

そうなんですよぅーーーー!
誰にも心を許さず、たった独りで生きていこうとするあの後ろ姿・・・・・辛すぎて見ていられない・・・・・・(TT;)
そんな薪さんを「性格悪い」とか思ってる人がいるらしいことが(あまり詳しくは知りませんが)、なんだかやりきれなくてしょうがないです・・・・・・
ちゃんと読めよっ!!って思います(^^;)
あ、イエどう思うかは個人の自由なのでいいんですけどね・・・・・

> 由と碧の関係

私も当初はそう思っていました!(今は恋愛関係として成就してほしいと思っていますが・・・)
そうですね、碧も自分に自信が持てるようになれたら由に好きだって言えるみたなこと言ってましたね。
今の青木は薪さんと比べてどう見ても未熟なので、清水先生も今のまま2人をくっつけるワケにはいかないと思われたんでしょう(^^)勝負はこれからですこれから♪♪

> ミーナさまの考察読んで、ますます次号が待ち遠しいです

とんだ駄文でお恥ずかしい限りですが・・・www
これからはどんどん私達に嬉しい展開になるに決まってるんです!!
イヤー楽しみですね(^▽^)♪♪
ミーナ |  2009.08.23(日) 18:46 | URL | 【編集】

ruruharuさんへ

> そろそろご訪問しても構わないかな‥と思い伺いました。

ォエ?!なんでですか?!オフ会で忙しくしてたからでしょうか??
何も気にしなくて結構ですよ~!

> ミーナさん‥そのとおりです!!
> 絶対間違いありません!
> 2010はきっと新しい展開があると信じています。
> でなきゃ清水玲子さんの作品ではない!
> ‥と思います。‥偉そうですみません‥。

わーーーーい♪力強いご賛同、嬉しいです!!!!
そうですよね、清水先生はいつも読者の想像もつかない展開を用意されていますもの、今のこの状況がいつまでも続くわけありませんよね!!(^^)♪

> 10月号も12月号も私はどうでもいいと思ってます。

この潔さ、ruruharuさんらしいと思っちゃいましたスミマセンwww
さすがY子嬢を黒く塗りつぶしただけのことはありますね!
でも私は逆に、ここでY子とA木の仲が決定的にかみ合っていないというエピソードが読めるだろうと期待しています!
A木がY子に「オレ薪さんのこと好きみたいなんです・・・」と正直に告白していたとか、
Y子の薪さんへの想いとかプロポーズを受け入れた真意とかも明らかになってくるんじゃないかと・・・
2人は「2010」で別れますから(決定です!)、その為の序章ですね(^^)

> 人間希望がなければ生きていけないんです(T_T)
> ミーナさんがおっしゃるような未来を信じるしか‥道は
> ございません‥青薪派の者にとっては。

信じないと辛すぎて・・・・読むのがイヤになっちゃいますから・・・・・・・(TT;)
私達が信じないと誰が信じるんですか!!
ってことで共に信じてまいりましょうね~~~~~

> この暑いなか熱く語ってしまいましたが
> 希望を抱いてあと数か月‥死んだように息をしてまいりたいと思います

死んだように・・・・・・って・・・・・・・・・・・(笑)
「2010」が始まるのは12月末ですね!
新展開はそれまでお預け!うにゅ~~~~(´・ω・`)
待ち遠しいですね~~~~~。

> ミーナさん‥私の大好きな色っぽいイラスト‥楽しみにしております。
> ごめんなさい!余計なことを言いましたm(__)m
> でも‥待っておりますので(^_^;)

きゃあw あ、ありがとうございます!(*^▽^*;)
今は色っぽくない絵を描いております~。
そのうち・・・またR絵も描きたいな・・・・・・・・なんてねなんてね!!!www

> 薪さんの色紙の件ではお世話になりました。
> 今頃‥申し訳ありません。

あ、いいえ~皆さんと幸せを分かち合えて私も嬉しかったです♪
ミーナ |  2009.08.23(日) 20:13 | URL | 【編集】

コメントを投稿する

URL
COMMENT
PASS  編集・削除するのに必要
SECRET  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://ustimih.blog33.fc2.com/tb.php/179-b53b6b6e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | HOME | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。