07月≪ 2017年08月 ≫09月

12345678910111213141516171819202122232425262728293031

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 |  スポンサー広告  |  EDIT  |  Top↑

あの夏の想い出

2011/07/24 (Sun) 21 : 22

射的



この絵はですね、覚えてる方は最早いらっしゃらないと思いますけど、2年前の夏、ちょうど夏コミ&オフがあったあの夏でございます。あの夏に「夏の絵を描いてる」と言っていた絵でございます。背景を描くのが面倒くさくて今までずっと放っといていました(笑)
でも今年こそは・・・ちょうど原作もタイムリーな感じになってるし、今年こそ仕上げてしまおうと思って、やっと無理矢理ですけど完成させてしまいました!!(^0^)♪ あーースッキリした。



えーーとなんだったっけな。
最初は薪さんと青木で描こうと思っていたんですよ。
でも薪さんと青木だと「デート」になってしまうので、今回はそういう感じじゃないな、と思って鈴木にしたんでした。
私は薪さんも鈴木も恋愛感情は無いと思っていたので、男友達と夏祭りに行ってる感じのがいいなと思ったんですよね・・・原作で覆されちゃいましたけど・・・

でこれはどういう状況かというと、

第九が発足する前、薪さんと鈴木は研修に出ておりました。
その帰り、警察庁に戻る途中に夏祭りをやっているところに遭遇。

鈴「お、いいもん見っけ!ちょっと寄ってこーぜ薪!」
薪「え・・でも帰って報告書を提出しないといけないだろ」
鈴「ちょっとだけだよ!ホラ来いよ!」
薪「しょうがないな・・・すぐに帰るからな」

射的を発見した鈴木は喜び勇んで腕試しをすることに。

鈴「オレの腕前の見せド・コ・ロ・・・っと。フフン、どんなもんだい♪」
薪「腕前ってお前、1メートルも離れてないじゃないか。当たって当然だろ」
鈴「お前は射撃ナンバー1だったもんなぁ。どーせオレは居残り組ですよ・・・」
薪「お前いつも教官に怒られてたもんな。ワザと外してるのかとか言われて」
鈴「苦い思い出だよ・・・人には向き不向きってもんがあるんだ。」
薪「ははっ お前だったら自分の頭を狙っても外しそうだな」
鈴「ヤなこと言うなよ!!ホラ、また当たった!全部薪にやるよ」
薪「こんなガラクタいらないよ!全部お前が持って帰れよ!」

みたいな感じで・・・・
(鈴木が軽いキャラでスミマセン)

・・・そうなんです・・・
鈴木の「自分では撃てない」は、実はこういう意味だったんです~~~~(@□@;)
なんてこった~~~~~~~(T0T)

・・・鈴木好きな方には重ね重ねスミマセン・・・

んで、このへんの妄想を考えてて薪さんの銃の腕前ってどうなんだろう?上手いのかな?下手なのかな?と考えてて出来た記事がこれでございました。

本当に・・・2年もかけてようやく完成とは・・・
だって薪さん以外は描いてても楽しくないんですもの・・・
しかも背景が超めんどくさかった・・・・・・・・
めっちゃ手抜きなので本当はボツにしようかとも思ったんですけど、一応手間はかかってるので、恥をさらすつもりでアップしてしまいました(キャー)
お見苦しいものをお見せして申し訳ございません・・・
細部まで手を抜かない凝った絵を描かれる方ってスゴイな~と改めて実感・・・
私は薪さん以外は集中力が持続しないんでダメっす!(笑)

あ、ちなみに薪さんが肩にかけている黒いカバンは鈴木のカバンです。
「薪ちょっと持ってて」つって無理矢理肩にかけられたようです。



テーマ : 自作イラスト(二次創作) - ジャンル : アニメ・コミック

 |  二次創作(イラスト)  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)  |  EDIT  |  Top↑

Comment

コメントを投稿する

URL
COMMENT
PASS  編集・削除するのに必要
SECRET  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://ustimih.blog33.fc2.com/tb.php/188-48646ca4
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | HOME | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。