03月≪ 2017年04月 ≫05月

123456789101112131415161718192021222324252627282930

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 |  スポンサー広告  |  EDIT  |  Top↑

bitter or sweet

2009/08/26 (Wed) 23 : 33

メロディ発売目前の混乱(?)に乗じて、コッソリssをアップしておきます(^▽^;)
なるべく気付かれないことを願って・・・・(笑)







ちょっとだけ腐です。

超ショボいので、読まないで下さい!

【More・・・】



* * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * *






パチッ
ドアの横のスイッチを点けると、部屋は薄明るい照明に包まれた。
バスルームの前を通り抜け、奥にあるデスクの脇に薪は鞄を置き、フゥと溜息をついた。
雨に濡れた髪をかきあげると綺麗な弓形の眉が姿を現し、そして前髪の束が1つ、2つハラリと落ちた。

すぐ背後に気配を感じ振り向こうとすると、大きな腕にしっかりと抱き止められた。

「なっ・・・ 青木・・やめろ・・・!」
「何故ですか?いいでしょ薪さん・・・」
大きな腕は更に力を入れた。

「ここには仕事で来ているんだ。公私を混同するな」
しかし青木は薪の体を自分の方に向かせ、顎を右手で掴み上を向かせて顔を近づける。

「ダメだって・・・・ん・・・・・・ん・・・」

ドガァッッ!!

薪の右フックが炸裂した。

「いっっ・・・・つぅ・・・・!!!」

「このバカ!!いい加減にしろ!!」
青木の腕を引き剥がしてスルリと離れた。

「列車事故で帰れなくなってたまたま近くにあったホテルに入ってたまたまダブルの部屋しか空いてなかったから一緒に入ったまでだ!」
「ま・・・・まきさぁ~ん・・・・・・」
左頬を押さえ涙目になりながら情けない声を上げる青木。
「それにスーツが濡れてるんだからすぐにハンガーにかけないとシワになるだろう。抱きつくな!」
クルリと踵を返し素早くスーツを脱ぎハンガーにかけると
「先にシャワーを使う」
と言ってバスルームに消えて行った。

「つ、つれない・・・・・・・薪さん・・・・・・・・・・(泣)」






しばらくしてバスローブ姿で戻ってきた薪は、
「お前もさっさと浴びて来い」とだけ言い、鞄の中から携帯電話を取り出し電話をかけ始めた。
シャツ1枚になってベッドに腰を下ろしていた青木は「はぁ~い・・・」と力なく答えた。
薪の放つ甘いシャンプーの香りと温かい湯気が青木の胸の奥をくすぐり思わず手を伸ばしたい衝動に駆られたが、全く目線を合わせない薪を見て、青木はすごすごとバスルームへと向かった。

「岡部か?・・・・ああ、行ってきた。犯行現場はあそこで間違いないだろう。犯人の住まいは○○町周辺1キロ以内だ。一課に連絡と、所轄にも協力を要請してくれ。それと、天候不良と人身事故のせいで電車が完全にストップした。復旧の見込みが立たないから、今日は近くのホテルに泊まる。・・・・・ああ、青木も一緒だ。僕は明日は本庁に行くから、そっちに戻るのはーーーーー」
壁越しに聞こえていた薪の声は、シャワーの蛇口をひねると激しい水音にかき消された。
青木は熱いシャワーを全開にした。






青木がバスルームから戻ると、部屋には香ばしい香りが充満していた。
「ルームサービスを取っておいた。それを食べろ」
窓辺の丸いテーブルにはカレーライスとサラダとオレンジジュースが置かれていた。
薪はワークデスクに向かい、パソコンと睨み合っている。
「薪さんは食べないんですか?」と聞くと、「食べてる」と素っ気ない返事が返ってきた。
見るとパソコンの横にサンドウィッチが置かれていたが、まだ手をつけている様子はなかった。

青木はソファに腰かけ、「いただきます」と言い、カレーライスを食べ始めた。
部屋にはスプーンが食器に当たる音と、パソコンのキーを叩く音だけが小さく響いていた。

「薪さん、何してるんですか?」
「明日の会議で使う資料の修正だ。小池に頼んだのが間違いだった」
「そ・・そうですか・・・・。た、確かに小池さんに頼むのは間違いですよねハハハハ」
「・・・・・・・・・・・・・」
「・・・・・・・・・・・・・」

・・・それ以上会話は続かなかった。






歯磨きを済ませた青木は、まだパソコンをパチパチ言わせている薪の横顔に「お先に失礼します」と言い、モソモソとベッドに潜り込んだ。



こんなに側にいるのに、せっかく2人きりなのに、寂しい・・・・・・・
小池さんっ 一体どんな資料作ったんだよ!!

と恨めしげに布団の裾を握り締めた。
薪の姿を見ると悲しくなるので、薪に背を向けて、さっさと寝てしまおう、と目を閉じた。





青木がベッドに入ってから数分後、パソコンを閉じる音が聞こえた。

「終わった。」
「え?」
「仕事は終わった。」

青木は上半身を起こし薪のほうへ顔を向けると、薪は真っ直ぐに青木を見ていた。

「あ・・お疲れさまです・・・・ ?」

薪はデスクスタンドを消し、スリッパが絨毯にこすれる小さな音を立てながら青木に近づいてくる。
青木の目の前まで来た薪は、青木の目をジッと見つめている。

一気に心拍数のはね上がった青木は変なことを言った。
「あ、の、えっと・・・サ、サンドウィッチは食べましたか?」
「食べた。」
デスクを見ると、確かにお皿の上からサンドウィッチはなくなっていた。
いつの間に食べたんだろう?

無言で立ち尽くす薪。
さっきまでの固く余所余所しい横顔とは違って、すがるような潤んだ目で、青木を見つめる。

「・・・・・薪さん・・・・・・・・・・・」

その白く細い腕をそっと掴んだ。
緊張で体温が上がった青木には、薪の肌はとても冷たく感じた。

「薪さん・・・、いいんですか・・・?」
「今は・・・プライベートだ・・・」

薪の腕をグイと引き寄せ、背中に腕を回した。
薪がベッドに腰を落とすとスプリングが大きく弾んで、2人はもつれるように倒れこんだ。

鼻先が触れ合いそうな距離で見つめあうと、
「青木・・・」
と、薪が甘くかすれた声をこぼした。

青木は腕を伸ばし、サイドテーブルのルームライトのスイッチを消した。







* * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * *






すいませ~~~~んほんとショボくて・・・・・・・ ギャアアアアアア!!!!(悶絶・・・)
いつも言ってますが、誰か代わりに書いて・・・・・・・・・・・・・・・(TT)



えっと、ムードに流される青木と、あくまで公私はキッチリ分ける薪さんです。
手持ちの仕事がなかったら薪さんも最初から青木に応えていたかもしれませんね。

ちなみに薪さんは翌日は本庁に行く前に自宅に戻って着替えなければならないので、青木が目を覚ます頃には部屋代と青木のカレー代を支払ってとっくに帰ってしまっているという設定です(笑)
青木の朝エッチの夢はあえなく儚い夢と散りました(笑)



よ・・・読んでいただいた方、どうもありがとうございました・・・・・・・・・



テーマ : オリジナル - ジャンル : アニメ・コミック

 |  二次創作(ss)  |  トラックバック(0)  |  コメント(6)  |  EDIT  |  Top↑

Comment

きゃぁぁぁぁぁ~(≧∇≦)♪

こんばんは。ミーナさん♪
お仕事お疲れ様でした!!!

あああ~チーム関西の方々は、明日メロディ発売日なのですね(〃∇〃)
無事に休暇が取れて良かったですね(^_^)v

いつも辛い役目ですみませんが、斬り込み隊長よろしくお願いします(^∇^;)


小説、めちゃめちゃ素敵じゃないですか~\(^∇^)/
誰かが代わりに書く必要なんかまっっったくありません!!!

公私をハッキリと分ける薪さん好きです!

PCをパタリと閉めて、青木の元にやってくる薪さんにドキドキしましたよ~(≧∇≦)
いつの間にか、サンドイッチも食べ終わっているし(笑)

後は、青木に一直線♪♪♪ いやあ、空室がダブルのみで・・・最高ですね(〃∇〃)

朝は、さっさっと帰宅してしまった薪さんがクールでかっこいいですね。
青木の朝の計画は、残念ながら流れてしまいましね(^_^;)

もうすぐメロディGETですね!頑張って下さい(^_^)v
たつまま |  2009.08.27(木) 03:12 | URL | 【編集】

リアルです!

とっても素敵なSSでしたよ!
たしかにこのふたりには、こういう温度差がありますよね(^^)そこが好きです。

あと、青木くんがドキドキして、『サンドイッチ食べましたか?』って、聞くところ。
ミーナさん、これ、わかります!
わたし、むかし好きな人の前で緊張してしまって、『朝ごはん何食べた?』って、聞いたことあります(恥)とってもリアルで、青木くんの心臓バクバク言ってる音が、聞こえてくるようでした。

薪さんは、公私はキッカリ分けるタイプですよね。激しく同意です。そこがいいの。
仕事のクールさと、プライベートのかわいらしさと、ベッドの中のエロさのギャップが・・・・・・す、すいません、最後のはスルーしてください・・・・・ごめんなさい・・・・・。

ああ、もうメロディ、今日なんですね。
生きた心地がしません・・・・・・うちは明日だけど・・・・・・またきっと、朝から食事も喉を通らないんだわ・・・・・こわいよお・・・・・・。

しづ |  2009.08.27(木) 06:19 | URL | 【編集】

ふふふ。

いいですねえ。
公私をしっかりと分ける薪さん。
うんうん。私が思う薪さんもそんな感じです♪

仕事の時は、徹底してクール(鬼上司)
でもプライベートになると一転して・・・

「すがるような潤んだ目」と
「甘くかすれた声」の薪さんになると。

ああああ・・・・・・いいです!!!

ミーナさん、今頃はもう「メロディ」を手にしてらっしゃるのですね。
次は、明日以降にお邪魔致します。
かのん |  2009.08.27(木) 11:55 | URL | 【編集】

たつままさんへ

たつままさん今日は~(^0^)

> お仕事お疲れ様でした!!!

あい!今日休む為に必死で仕事を仕上げました!

> あああ~チーム関西の方々は、明日メロディ発売日なのですね(〃∇〃)
> 無事に休暇が取れて良かったですね(^_^)v

うふふ、読みましたよ・・・。

> いつも辛い役目ですみませんが、斬り込み隊長よろしくお願いします(^∇^;)

辛いだなんて・・・・いつも先に読んじゃってスミマセンて感じですスミマセンwww

> 小説、めちゃめちゃ素敵じゃないですか~\(^∇^)/
> 誰かが代わりに書く必要なんかまっっったくありません!!!

ふぐぅっっ・・・
いや・・・もう・・・小説などを全然読まない私が文章なんて書けるわけがないんです・・・
読みづらかったり解かりにくかったりすると思いますが、ミーナの書きたいイメージだけ解かって頂ければ・・・

> 公私をハッキリと分ける薪さん好きです!

薪さんはキッチリやることをやってから、ヤルことをヤルんです!(笑)

> PCをパタリと閉めて、青木の元にやってくる薪さんにドキドキしましたよ~(≧∇≦)
> いつの間にか、サンドイッチも食べ終わっているし(笑)

おぉ・・・ドキドキして頂いてありがとうございます!う、うれしい・・・
ここは青木も相当ドキドキしたと思います~。
サンドウィッチはいつ食べたんでしょうね(笑)
多分、青木がカレーを食べてる隙にちょっとずつ食べたんだと思います。

> 後は、青木に一直線♪♪♪ いやあ、空室がダブルのみで・・・最高ですね(〃∇〃)

実は薪さんも最初からヤル気満々だった・・・?!
青木に冷たくして仕事をさっさと終わらせようとしていたのは、青木とのウフフな時間を少しでも長く持ちたかったかもしれませんね??

あ!!!しまった!!!!!!(今気付いた)
ダブルじゃなくてツインのつもりだったんです!!!!!!
しまった間違えた~~~~~~~~~・・・・・・・・・・・・・・

> 朝は、さっさっと帰宅してしまった薪さんがクールでかっこいいですね。
> 青木の朝の計画は、残念ながら流れてしまいましね(^_^;)

ここは私も残念です~(自分で書いといてw)
今度はちゃんとデートで泊まって、念願の朝エッチを叶えてほしいですね♪

> もうすぐメロディGETですね!頑張って下さい(^_^)v

ゲットしてきましたよ~~(^▽^)
もう・・・・もうね・・・・・・・ おっと今は何も言えません!!!
ミーナ |  2009.08.27(木) 13:35 | URL | 【編集】

しづさんへ

> とっても素敵なSSでしたよ!
> たしかにこのふたりには、こういう温度差がありますよね(^^)そこが好きです。

しづさんこんにちは!
え・・・素敵ですか・・・・・ イヤ、いいんです・・・・・・・
私みたいな文章を全然読まない人が素敵な文章を書けるわけがないんです・・・・
遠慮なく「ここんとこはこう直した方がいい」とか指摘して下さいませ・・・・・

> あと、青木くんがドキドキして、『サンドイッチ食べましたか?』って、聞くところ。
> ミーナさん、これ、わかります!
> わたし、むかし好きな人の前で緊張してしまって、『朝ごはん何食べた?』って、聞いたことあります(恥)とってもリアルで、青木くんの心臓バクバク言ってる音が、聞こえてくるようでした。

アラーーしづさんたら可愛いですね~(^^)♪ ←おばさんの話し方・・・
緊張すると全く意味不明なこと言っちゃう時ありますよね~。
でも、相手の食事が気になるのは、相手の体を気遣ってるってことだと思います(^^)

> 薪さんは、公私はキッカリ分けるタイプですよね。激しく同意です。そこがいいの。

うんうん、私もそんな薪さんだから好きなんです!

> 仕事のクールさと、プライベートのかわいらしさと、ベッドの中のエロさのギャップが・・・・・・す、すいません、最後のはスルーしてください・・・・・ごめんなさい・・・・・。

最後のそこ大事!!(゚▽゚*)キャー♪
いいですねぇ、そんな薪さんを全て見ることができる青木が羨ましいですねぇ!!

> ああ、もうメロディ、今日なんですね。
> 生きた心地がしません・・・・・・うちは明日だけど・・・・・・またきっと、朝から食事も喉を通らないんだわ・・・・・こわいよお・・・・・・。

はい、もう読んじゃいました~。
あと半日ですね!
明日に備えて今日はたくさんご飯を食べてください!
ミーナ |  2009.08.27(木) 13:51 | URL | 【編集】

かのんさんへ

ああ・・・・ごめんなさい!!!!(←いきなり・・・)
こんな私が駄文を晒してごめんなさい!(T□T;)

> 公私をしっかりと分ける薪さん。
> うんうん。私が思う薪さんもそんな感じです♪

そうですよね、薪さんは公私はきっちり分けるタイプですよね!
今回の薪さんは、かのんさんが書かれる薪さんに似てるかな、とちょっと思いました。
ひぃいいいいいいいい厚かましいこと言ってスミマセンスミマセンスミマセン!!!!!!!(T□T;)

> 仕事の時は、徹底してクール(鬼上司)
> でもプライベートになると一転して・・・

仮タイトルは「恋人は鬼上司」でした・・・(笑)

> 「すがるような潤んだ目」と
> 「甘くかすれた声」の薪さんになると。
>
> ああああ・・・・・・いいです!!!

このギャップに青木もメロメロですね!
最初抱きついた時にそのままベッドになだれ込んでたよりも、こっちのが青木もビンビン(?!)になったと思います!

> ミーナさん、今頃はもう「メロディ」を手にしてらっしゃるのですね。
> 次は、明日以降にお邪魔致します。

はい~読んじゃいました~。
10時20分頃本屋に着いて、朝っぱらから結構人が多い店内でメロディを抱きしめてニヤ~リとほくそ笑んでました~。
かのんさんもいよいよ明日ですね!
皆さんの感想が楽しみです(^^)
ミーナ |  2009.08.27(木) 14:00 | URL | 【編集】

コメントを投稿する

URL
COMMENT
PASS  編集・削除するのに必要
SECRET  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://ustimih.blog33.fc2.com/tb.php/198-fa9998dc
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | HOME | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。