05月≪ 2017年06月 ≫07月

123456789101112131415161718192021222324252627282930

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 |  スポンサー広告  |  EDIT  |  Top↑

2010 The Last Supper 最後の晩餐 の感想その1

2010/06/28 (Mon) 17 : 07

メロディ8月号「秘密-トップ・シークレット 2010 The Last Supper 最後の晩餐」の感想その1です。





ネタばれありです!


【More・・・】




ええと、まず、「秘密」8巻の表紙が載ってました。
パジャマを着た薪さんが子猫ちゃんを抱っこしているアレです。
このイラストは大好きですが、まさか単行本の表紙になるとは思いませんでした。
今までとかなり毛色が変わりますね。
「2010」はそれほど切羽詰まった事件ではないので、これくらいリラックスした絵でもいいということでしょうか。
収録されるのは「一期一会」と「2010」になると思いますが、
ひょっとして、「2010」も番外編に近い扱いなんだったりして・・・・(^^;)




そして、付録のポストカード!
最近の絵が多いですね(^^)
ちょっと彩度が低いような気がする・・・・・
スキャナで取り込んで印刷し直そうかしら・・・・・
ああ、でも6枚じゃ足りない!!!
あの絵も、あの絵も、あの絵も無いじゃないのー!!!
複製原画の販売でもしてくれないかしら(・∀・)
例え1枚1万円したとしても、全作品買い占めます!!!
(相場を知らないけど、もっと高いのかな・・・・・?)
でもこういう付録は本当にありがたいですね♪
前回がクリアファイルで、今回がポストカード。
清水先生の美麗イラストを堪能できる付録を考えて下さってるのがわかります。
今度はカレンダーとか下敷きとか作ってほしいです!




そして、今回は巻頭カラーでございます。
これは・・・!
以前の、ロープで隔離(?)されてる絵と繋がっていますね!
前回は薪さんひとりが閉じ込められている感じだったけど、今回は薪さんの近くに青木が居ます。
物語とリンクさせて考えると、青木も薪さんと同じ狙われる立場になったというように読みとれます。
青木をじっと見つめる薪さん・・・・
対する青木は、薪さんのほうは見ていなさそうですね・・・
なんだか憂いの表情を浮かべています。
青木の迷いを感じます。
最近のカラーイラストの青木はなんだか色気が出てきていい感じですね。
もっと悩め青木!!
真実に気づくまで悩み続けるがいい~!!





さて、なかなか本編まで辿り着きませんが(^^;)、サブタイトルについて。
前回は「最後の晩餐 プロローグ」だったのですが、今回は「最後の晩餐」のみとなりました。
てことは10月号も「最後の晩餐」、12月号が「最後の晩餐エピローグ」になるのかな?
なんで今回は「act.1」とかの数え方じゃないんだろう。
そして・・・「2011」が、最終章となるのだろうか・・・?!
なんか、今回の進み具合を見ると、物語を畳むのにあと1年では足りないような気がします。
あと2,3年はかけないと収集つかないんじゃないでしょうか??
うん、きっとそうだ!!
まだまだ「秘密」は終わらないんだ!(^▽^)♪
はーー良かった!




本編はあとにして、柱の清水先生のコメントですが・・・
攻●機動隊ですか~。
し、知らんなぁ・・・・・
ロボット物でしょうか?
清水先生ってあんまりアニメ好きなイメージがないけど、
えヴぁも好きだったみたいだし、結構アニメをご覧になるのでしょうかね。
う~~む、できればサントラを入手したいところですけど、
どうしよう・・・ちょっと興味無いなぁ(^^;)
レンタルに置いてあったら、借りてみようかな・・・・・





てことで、感想その2に続きます。



テーマ : 漫画の感想 - ジャンル : アニメ・コミック

 |  秘密 感想  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)  |  EDIT  |  Top↑

Comment

コメントを投稿する

URL
COMMENT
PASS  編集・削除するのに必要
SECRET  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://ustimih.blog33.fc2.com/tb.php/298-a6822140
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | HOME | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。