10月≪ 2017年11月 ≫12月

123456789101112131415161718192021222324252627282930

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 |  スポンサー広告  |  EDIT  |  Top↑

2010 END GAME ACT.1 の感想その1

2010/08/30 (Mon) 19 : 40

メロディ10月号「秘密-トップ・シークレット 2010 END GAME ACT.1」の感想その1です。



ネタバレしておりますので未読の方はご注意ください!






【More・・・】






こんがらがってきたので「最後の晩餐」の出来事をまとめておきました。


5月下旬青木、来月家族と食事会をと雪子に話す
  〃薪さん、車を爆破される
6月11日(日)雪子とスガちゃん、お台場で買い物(雪子を見張る人影あり)
   〃    1時前薪さんと青木と岡部、トイレでカニバリズム事件の話をする
   〃    2時薪さん、会議
   〃    夜青木、雪子にひとりで外出しないよう電話する
6月16日(金)深夜2時雪子コンビニでおでん買う(チカンに遭遇?)
6月18日(日)青木家食事会
   〃    22時頃薪さんと岡部、残業
   〃田城さんが滝沢を連れて第九にやって来る





えっとー、今回からまた副題が変わりましたね。
こういう副題って清水先生ご本人が考えてらっしゃるんですよね?
うーむ、「2010」は比較的穏やかに始まったくせに、段々とんでもないことになってきましたねー・・・
「最後の晩餐」の次は「END GAME」ですが・・・・・・
いよいよラストが近い感じがするじゃないですか(TT)


そして扉絵ですが。

薪さんが麗しすぎて・・・!!!

なんすかこの可愛さは!!!
こんな瞳で見つめられたら心臓わし掴みですわよ!!!
細くしなやかな指!
象牙のような肌!
絹糸のような髪!
そして恥じらうように小さく開かれた唇・・・
む しゃ ぶ り つ き た い !!!!
ぜ・・・全身くまなく舐めつくしたい・・・
嗚呼、薪さんが私を変態にする・・・

薪さんは手に何を持ってらっしゃるんでしょうねー。
マイクにしか見えないんですけど・・・
何故マイクを持ってポーズをつけてらっしゃるのか・・・?
カラオケで1曲歌い終わったあと「センキュー」とか言っているように見えて仕方ない・・・・・
意外にノリノリな薪さんだった・・・・・
職場の飲み会には参加しないけど、カラオケだったら張りきってついてくる薪さんだった・・・・
なんて妄想を繰り広げてしまいましたスミマセン・・・・

青木と滝沢はどーでもいいです。
(しかし青木の目がどんどん大きくなってきてるな・・・)

「交錯するそれぞれの想い」・・・
薪さんと、青木と、滝沢の想い。
滝沢の想い。
ブフッ



そして本編が始まりまして・・・

冒頭からY子かよ。 チッ
青木に「動くな」と言われていたのに何処に行きやがるんだと思ったら、
不審な男を投げ飛ばした!!!
つけられて監視されていることに気付いていたんですね・・・
(深夜のコンビニでY子付近をうろついてたのもこの人でしょうか?)
そして怪力で男のボールを握りつぶそうとしながら押さえつける!
Y子、あーた監察医よりも刑事になったほうが良かったんじゃないの・・・?
あ、でも洞察力が無いからダメか。

ヒラヒラのスカートを物ともせず大股を開いて技をかけるY子は雄々しくてカッコいい。
4巻の頃のサバサバしたY子は好きだった。

しかし・・・・・

不審な男が「薪さん」の名を口にした途端、
頬を染めながら乱れた髪とスカートの裾を直し、
挙句「言わないで・・・・ね?」だとさ!

もし、この場に青木が居たとしても、Y子はちっとも恥ずかしいと思わないだろう。
私の推測ですけど。
でも、薪さんには、男勝りな自分を知られたくないと思っている。
薪さんが絡んだ途端Y子は「恋する女」になるんだ。
そんなナヨナヨしたY子が気持ち悪くて好きじゃないんだ・・・(--;)

ここで前号での青木とY子のやり取りを思い出してみる。
「痴漢を投げ飛ばして肋骨折った」とサラッと言いのけている。
やっぱりY子は青木には何にも意識していない。
会話を聞いていても、「恋人同士」というよりは「姉弟」のほうがしっくりくる気がする。

薪さんに対してだけ、「女」になる。

あーーー---ーームカつく!!!!!!!!!

・・・と思うんだけど・・・・・・・

Y子が「女」の顔を見せるたび、薪さんが「男」に見えるんだよねぇ・・・

思えばY子が登場してから、薪さんは嫉妬して、八つ当たりして、って、人間らしい感情を表に出すようになったんだよね。
それまでただのお仕事ロボットみたいだった薪室長が、ちゃんと感情を持つ薪剛という男になった・・・
綺麗で賢いだけじゃない、ドロドロした醜い想いに囚われて人を傷つけることもある、
そんな弱さのある、どこにでも居る普通の人間になったんです。
私はそんな薪さんが大好き。

そういう意味では、薪さんの人間性に深みを与えてくれたY子は「秘密」に必要な人物だったと
思わざるを得ないんですよねぇ・・・・・

キライだけど・・・・



あ、不審な男はやっぱり薪さんが手配したSPでしたね。
「急だったので人手が足りず自分につくはずだったSPをY子へつけさせた」んだそうです。

あれぇ?
薪さんが青木からカニバリズム事件を知っているという話を聞いたのは、1週間も前でしたけど・・・
急、なんですか?
1週間もあればSPの1人や2人くらいいくらでも手配できそうな気がしますけど・・・・

薪さんが「Y子に危害を加えられる恐れがある」と警護を要請したそうですが
それは長官に対して要請したのでしょうか?
正式に要請するのであれば、どのような理由で危害を加えられる恐れがあるのかを説明しなければならないと思うのですけど、薪さんはカニバリズム事件のことを話したのでしょうか?
車を爆破され命を狙われている事はほぼ確実な薪警視正の警護を減らしてでもY子を守るほどの緊急性と危険性があると判断されたのでしょうか?
それともカニバリズム事件の話を聞いたSP(トイレの前に立っていた人)が独断的に薪さんのお願いを聞いているのでしょうか?
でもY子に投げ飛ばされた人とは別人のようだけど・・・(髪形が違うから)

と、取り留めのないことをウダウダと悩みつつ、感想その2に続きます。



テーマ : 漫画の感想 - ジャンル : アニメ・コミック

 |  秘密 感想  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)  |  EDIT  |  Top↑

Comment

コメントを投稿する

URL
COMMENT
PASS  編集・削除するのに必要
SECRET  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://ustimih.blog33.fc2.com/tb.php/312-47de565c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | HOME | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。