07月≪ 2017年08月 ≫09月

12345678910111213141516171819202122232425262728293031

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 |  スポンサー広告  |  EDIT  |  Top↑

秘密の年表

2008/09/27 (Sat) 19 : 13

 ※ この記事は都度更新しています。



秘密の年表を私なりにまとめました。



2056年薪、警察庁に入庁
 同時期第九発足
 8月18日(金)竹内ら、チャッピーの殺害現場を目撃
2057年薪、貝沼の万引きを見逃す
 石丸外務大臣、自殺と見せかけ殺害される
 外交官一家惨殺事件
 11月北海道根室沖でマグニチュード7.7の大地震発生
  〃 地震から12日後倒壊した病院内から18人の遺体発見
  〃 薪、カニバリズム事件のMRI捜査
2058年鎌倉一家惨殺事件
 2月滝沢幹生、第九に配属(34歳)
 4月貝沼、少年連続殺人を始める
 6月17日(火)貝沼、少年院でヒーリング
2059年8月貝沼、28人連続殺人事件で逮捕
 8月9日(土)深夜薪、鈴木を射殺(鈴木享年33歳)
 8月27日(水)郁子、コンビニメッタ刺し事件
 直後岡部、曽我、小池、第九に配属される
2060年1月17日(土)少年9人が同時に自殺
 直後青木、第九に配属(青木22歳)
 1週間後青木、薪さんを乗せてヘリ略奪
 8月天地、第九に配属
 11月20日(土)天地、公園にて拉致される
 11月21日(日)天地、脳をとられる
 年末青木の父、死去
2061年1月9日露口浩一の死刑執行
 1月11日青木、露口の脳の捜査開始
 2月平井少年とZIP、トラックにはねられ死亡
 8月13日土屋雅紀、白泉公園にて惨殺される
 11月22日里中恭子、電車内で殺害される
 11月29日青木の姪、舞ちゃん誕生
 12月1日大久保のカプセルホテルにて変死体発見
 12月4日雪子、倒れる
 12月中旬頃雪子、回復
2062年1~3月屍蝋化死体発見(葵、雪子、薪35歳)
 2月岡部特別編(岡部36歳)
 3月38日秋田・一家惨殺事件
 3月末千堂咲、平野望美誘拐される
 4月初旬雪子、青木のプロポーズを受ける
 4月6日青木、雪子を薪さんと間違える
 4月7日薪さんと雪子、エレベータで婚約のことを話す
  〃千堂咲誘拐事件捜査の全指揮権を第九が継承する
 4月10日1時頃薪さんと青木、外務省へ
   〃  昼頃望美救出
   〃  夜頃千堂大臣、淡路殺害
 4月13日未明頃千堂咲救出
 4月17日頃薪さん、千堂に面会
 4月24日青木の婚約祝い飲み会
 5月中旬山本配属
   〃神奈川県で大地震、小学校で教師刺殺と生徒が轢死・転落死
 5月下旬青木、来月家族と食事会をと雪子に話す
   〃薪さん、車を爆破される
 6月11日(日)雪子とスガちゃん、お台場で買い物(雪子を見張る人影あり)
    〃    2時前薪さんと青木と岡部、トイレでカニバリズム事件の話をする
    〃    2時薪さん、会議
    〃    夜青木、雪子にひとりで外出しないよう電話する
 6月16日(金)深夜2時雪子コンビニでおでん買う(チカンに遭遇?)
 6月18日(日)青木家食事会
    〃    22時頃薪さんと岡部、残業
    〃田城さんが滝沢を連れて第九にやって来る
    〃青木、姉夫婦の遺体を発見、警察に緊急逮捕される
 6月23日(金)恵比寿三丁目夫婦惨殺事件のMRI捜査開始
    〃青木、舞を引き取る
 6月24日(土)か25日(日)青木、雪子と婚約解消




ま、あくまでも「私なり」にですので・・・。

「チャッピー編」は日付がわかるシーンがほとんどなかったので、
一連の事件にどれくらいの時間経過があるのかわかりませんでした。
でも多分ほんの数日だと思います。

あと、年齢がわかるセリフがあったら一応書き出しておきましたが、
葵と雪子と薪さんに関しては必ずしも同い年とは限りませんので。
(大学が同期でも年齢が違うこともあるし、早生まれ・遅生まれによって誤差が生じるので)
ちなみに青木は早生まれですね。
2月か3月が誕生日でしょう。

こうやって書き出してみると、
岡部らが第九に来たのは鈴木が死んで本当に直後だったということや、
青木が第九に来たのも鈴木が死んでまだ半年しか経っていなかったことが改めてわかりました。
そして、鈴木が死んだ当時は青木は既に警察に入っていたので、
薪さんが鈴木を射殺した事件も知らないはずがないだろう、ということもわかりましたね(^^;
(あれだけ新聞を賑わしたんだから・・・)


コミックを駆け足で読み返したので、書き間違えてるところや書き漏らしているところがあるかもしれません。
なにか気付いた方がいらっしゃいましたら、教えてくださ~い!

テーマ : マンガ - ジャンル : アニメ・コミック

 |  秘密 年表  |  トラックバック(0)  |  コメント(8)  |  EDIT  |  Top↑

Comment

おおぉ!!!

す、すごいですね(@@;
表にしちゃうなんてかなり驚きました!
じっくり拝見させていただきます!

>1~3月 屍蝋化死体発見(葵、雪子、薪35歳)
>2月 岡部特別編(岡部36歳)

そうなんですよね~ここ気になってたんですよ!
どっちが先かによって見方がだいぶ変わってきますよね。
岡部特別編での青木の電話のセリフ聞いて薪さんの心情はどうだったんでしょうか。
でも、薪さん→青木だと認識した後のことだったからどちらにしても内心悲しかったかもしれませんね(T T;

どちらが先かは10月発売のメロディでわかるかもですね!
コハルビヨリ |  2008.09.27(土) 19:53 | URL | 【編集】

こんばんゎ。はじめまして。

年表作っちゃうなんてすごいですね。^^;
薪さんは6年前の29歳で警察庁に入ったんですか。
『秘密』2008で雪子の青木と12の年の差発言があるまで
同期の薪さんは30歳くらいかと思ってました。(笑)


あみりん |  2008.09.27(土) 20:45 | URL | 【編集】

コハルビヨリさんへ

は~いがんばりました!
こういうことは一度ハッキリさせといたほうがいいと思って(笑)

>どっちが先かによって見方がだいぶ変わってきますよね。

そうですね~・・・
5巻94ページに、葵の部屋にカレンダーが貼ってあるんですけど、
はっきり数字が書かれてないので何月かわからないのですが、
しかしこの月は30日ある月らしいのですよ。
1月でも2月でも3月でもない?!(@@;)
個人的には1月だと思ってますが・・・

薪さんは顔にださないけど、内心はショックだったんじゃないでしょうか(^^;
だからその後機嫌が悪くて岡部に当たったのかも??
(荷物持ちますという岡部に「結構だ!!」と言うとこね)
ミーナ |  2008.09.27(土) 23:08 | URL | 【編集】

あみりんさんへ

初めまして、ようこそお越しくださいました(^▽^)

愛が溢れちゃって・・年表作っちゃいました(笑)

そう、薪さんは30歳前後で警察庁に入り警視正になったことになるので、
薪さんは超エリートだということがわかりますね★

薪さんと雪子の年齢は、想像以上でしたよね(^^;
せめて32、3くらいかと・・・・
薪さんがあと数年で四十路ということが信じられないです(@д@;
あの美しさをいつまでも保ってほしいですね~
ミーナ |  2008.09.27(土) 23:15 | URL | 【編集】

年表

こんにちは。
秘密年表・・・すす、凄いです。
なんというか、こう年表にしてみると生々しいと言うか。本当にあった事件みたい、、
薪さんや鈴木さんも本当にいた人みたいな感じが。
そうか。確かに、「第九」に憧れていた青木が鈴木射殺事件を知らなかったのは、可笑しいかもしれませんね。そういうのも年表にして初めて解ることですね。貴重な物を、ありがとうございました。
シーラカンス |  2008.09.27(土) 23:22 | URL | 【編集】

シーラカンスさんへ

そうですね~なんかリアルに感じますね。
「薪、鈴木を射殺」が書いてて辛かったです(;_;)

>確かに、「第九」に憧れていた青木が鈴木射殺事件を知らなかったのは、可笑しいかもしれませんね。

これは私も今回初めて気付きました。
考えられるのは、鈴木射殺事件があった当時は青木はまだ警察大学校で研修中だったはずなので、それで世間の情報が入ってこなかったのかな?と・・・。

薪さん第九に入ってもう6年になるのか~とか自分でも色々気付けて楽しかったです(^^)
皆さんのお役にも立てて嬉しいです♪
ミーナ |  2008.09.28(日) 01:22 | URL | 【編集】

素晴らしいっ

年表、分かりやすくて良いです。
こうやって見ると、描かれているエピソードが結構短期間のことなんだと分かりますね。
青木は入って2年なんだー、まだぺーぺー。(の割に素晴らしい成長…)
第九の最初の3年、鈴木さんがいた頃の話も読んでみたいな♪(薪さんがどんな風にお仕事していたのか…ワクワク)
薪さんの年齢には私も驚きました。
子どもの頃の薪さんを見てみたい、ああ、でもこれ未来のお話だから、まだ生まれてないんだ!なんてことまで考えちゃいましたよ(^^;

別エントリーコメントレスへのレスですが。
日出処の天子は山岸凉子さんの作品で、聖徳太子のお話です。
特殊な能力・頭脳を持つ、しかし母親から愛されず孤独な聖徳太子が、ノンケの蘇我蝦夷に惚れる(こんな下世話な感じじゃなくて、人生を支えるパートナーという感じ?)のですが、蝦夷は女性を愛して…という、もう切なくて読み返すのが辛いお話なんです。
薪さんにはこんな想い、して欲しくなーい。
原麻めぐみ |  2008.09.28(日) 02:08 | URL | 【編集】

原麻めぐみさんへ

普段適当に流している時間経過が、こうやって見ると全然違ってたりしますよね~。
鈴木と薪さんは一緒に3年も第九で働いていたんだ!
って、ビックリしました(^^;
その時のエピソード、見たいですよね~!
子供の頃の薪さんにも興味あります!
しかし薪さん達って実は私達の孫、ひ孫の世代だったりしますよね・・・

>日出処の天子
なんと、実在の人物のお話だったんですね!
読み返すのが辛いほどのお話ですか~。
でもちょっと呼んでみたいです。
ミーナ |  2008.09.28(日) 15:05 | URL | 【編集】

コメントを投稿する

URL
COMMENT
PASS  編集・削除するのに必要
SECRET  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://ustimih.blog33.fc2.com/tb.php/32-fe62b742
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | HOME | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。