03月≪ 2017年04月 ≫05月

123456789101112131415161718192021222324252627282930

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 |  スポンサー広告  |  EDIT  |  Top↑

2010 END GAME ACT.5 の感想その6

2011/05/15 (Sun) 15 : 32

メロディ6月号「秘密-トップ・シークレット 2010 END GAME ACT.5」の感想その6です。
これで終わりで~す。

ネタバレありです!




【More・・・】


事件に関しては、まあほぼ進展してないのでなんとも言えません。
てか、本当に全然進展しないよね・・・
本当にこれで今年中に連載は終わるのだろうか?(^^;)
チメンザールとか北海道の地震とか話は広がってるのに・・・
今回滝沢が少し本領発揮してきたようなので、
次号でもっと滝沢の正体や事件につっこんでくるのでしょうかね?
私は滝沢はクロだと思っていないので、そのへんが明かされるのが楽しみです。
できれば薪さんを助ける為に現れたんだといいなぁ。


えー、私は薪さんは鈴木に恋愛感情は持って無かったと思っていたわけですが、
ガチになってしまったようですね・・・
ちょっと残念・・・
青木がY子に惚れていく様を間近で見て非常に辛い想いをされてきた薪さんですが、
それと同じ想いを以前にもされていたというわけですよね・・・
薪さん・・・・・・・辛すぎる・・・・・・・・・・・・・(TT)

でも鈴木にそんな感情を持っていたなら、どうして薪さんは鈴木を撃つことができたんだろう、と私は思うんですけど・・・・
相手が自分に銃口を向けていたとしても、愛している相手なら、撃つことはできないんじゃないかなぁ・・・・・・
もしそれが青木なら、薪さんは絶対撃たない気がするんですけど・・・・・・・・・・・
まあ今更そんなこと言っても仕方ないですけど・・・・・・・・
鈴木に対してはもっとほのかな感情だったのかな?
んで青木にはガッチリ、と。


ところであれからY子のこともちょっと考えてみたんですけど、
Y子は薪さんのことを自分が適わないとても優秀な人だとちゃんと認めていたんじゃないかと思うんですよね。
人間として友人として普通に好きだったんだけど、鈴木にとって薪さんが特別な存在であることを感じとってなんとなく意識するようになったのかな、と。
異性を特別に意識するとそれは恋なのかなと思う所だけど、やっぱり恋ではなかったんじゃないかと思います。(薪さんが同性に惚れるタイプの人だと知っていても平然としていたのも、恋愛感情が無かったと思えば納得できます)
Y子は鈴木を殺されたことの恨みがやはり一番強く残っていたんじゃないかな。
それが今号の「つよし君からは離れなくていいの?」あたりのセリフに投影されているような気がします。


ほんで青木はさ、婚約解消したことをまだ誰にも言っていないようだけど、
婚約した時は真っ先に報告したくせに、さっさと薪さんに言いなさいよ!
出し惜しみするような話じゃないでしょーに!
なんとなく照れくさくて薪さんに言えないとか思ってんのか!この!

とゆーことで、青木が婚約解消を薪さんに話したらどうなるか妄想してみました。

「薪さん、実は俺・・・ Y子さんとの婚約を解消したんです」
「・・・・・・・・・な・・・・・・・ なんだって・・・・・・・・?」
「いえ、だから婚約を解消」
「何馬鹿なことを言ってるんだ!!」
「・・・すいません・・・ でも、俺なりに真剣に考えて出した結論なんです」
「・・・僕があんなことを言ったからか?」
「え?」
「Y子さんを守りきる自信がなかったと言うのか?お前の想いはそんなものだったのか?!」
「そんなわけでは・・・」
「だったら第九を辞めれば良かったんだ。今すぐにだってお前を安全な部署に異動させてやる」
「それはダメです!俺は第九で働きたいんです!」
「何故・・・ 第九で働くことがそんなに大事か?この世でたったひとりの婚約者よりも?仕事はいくらでも変わりがあるだろう。でも、大切な人に変わりはいないんだぞ。失えば取り返しがつかないんだぞ!」
「だって、第九じゃないと、薪さんと働けないじゃないですか!」
「・・・・・・・・・・何・・・・・・・・・・・・・・?」
「他の部署じゃダメなんです。薪さんがいないと、働いていても仕方ない・・・ いくら安全でも仕方ないんです・・・」
「お前・・・ 婚約者よりも上司が大事だとでも言うのか・・・?」
「・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・」
「・・・・お前がそんなに『上司』が好きだとは知らなかったな。だが、他の部署に行っても僕のように厳しい『上司』はいくらでもいるぞ」
「そういうことじゃなくて・・・ そうじゃなくて・・・ 薪さんの変わりはいない・・・ いないんです・・・!」

みたいな感じでしょうか。
ちょっと安直ですが(^^;)
青木はさー、ちゃんと落ち着いて考えれば自分でも解ると思うんだよね。
薪さんと話すべきだよ!

でも薪さんは、2人の婚約解消にまで責任を感じそうだな・・・・・・・・
これは2人の問題だから、薪さんのせいじゃないのに・・・・・・・・

青木はもっとちゃんと薪さんと向かい合わなきゃダメだ。
薪さんが自分の支えになってくれてると思うのなら、自分も薪さんの支えになれるようにならないと。

大体さ、「あの人は人に守られるような人じゃないし」とか言ってるけど、
薪さんの弱い部分もたくさん見てるじゃないか!
貝沼や鈴木といった大きなトラウマも抱えてるし、それで苦しんでる姿を見ただろう?!
少女2人の命が危機にさらされた時の、儚いほどの優しさを見ただろう?!
自分が危険な任務から無事に帰って来た姿を見て抱きついてきた、あのか細い背中を見ただろう?!
おまけについ1,2日前に薪さんがMRI捜査中に倒れたのだって見ただろう?!
お前、今更薪さんが、凄惨な事件現場を見て卒倒したとか思ってんのか?!
薪さんはお前なんかがうかがい知れないような大きな何かを抱えてるって、分かんないのかよ!!!
そうだよ、薪さんが命を狙われたのだってついこないだじゃん!!!
自分の身のが危ないってのに、自分のSPをわざわざお前の婚約者に回してくれてたよな?!
薪さんはお前の為に色々やってくれてるけど、お前は薪さんの為に何かしたか?!
しつこいようだけど「薪さんと一緒に戦ってる」なんてお前の絵空事でしかないんだよ!!!!
薪さんはお前の為に戦ってくれてるけどお前は薪さんの為に戦っていない!!!!!
今のお前は薪さんに守られたお姫様状態だ!!!!
もっとよく見ろ!!!!!
自分のことも!!!!
薪さんのことも!!!
そしてもっと考えろ!!!
自分のことも!!!!
薪さんのことも!!!!
このボケナスめが!!!!
回し蹴り100連発くらわしたい!!!!

薪さんを守れ!!!!
薪さんを幸せにしろ!!!!


でないとお前なんか、全部黒く塗りつぶしてやるからな!!!!!!!!

・・・・今はもう・・・・ Y子よりも青木にムカついてしょうがない・・・・・・・・・・・・


はあ・・・ 今号のレビューはこれくらいにしとこうと思います。
今回は時間がかかった・・・・・
ほとんどメロディを読み返さなかった中で色々考えながら書いたので、取り留めの無い内容になったと思います。
読みづらくてどうもすみません(^^;)

一番最初に読んだ時は、薪さんに死亡フラグが立った!と思って
「ちょっ・・・ と、東京行く!!東京行って薪さん止めてくる!!!!でも新幹線高い!!!電話!!!!岡部に電話!!!!!岡部の番号は何番だ!!!!!!」
って真剣に思ったりしました(笑)

楽観的かもしれませんが、清水先生の作品で主人公が死んだことって今まで無いので、
薪さんも大丈夫かなぁと一応思っております。

でも薪さんと青木が共に死んで、2人の墓の前でY子が2人の「秘密」を想って涙を流しながらも微笑みを浮かべる・・・とかなんかもー色々考えちゃうわけですよ!!!!(涙)

いやーーーーーーーーーーーーーもう!!!!!!!!!!!!!!!

もう悪いことは考えません!!!!!!!!!!!!!!!

レビューも終わったことだし薪さんのお絵描きでもして楽しもうと思います!!!(^^)

ここまでお付き合いいただいてありがとうございました!


テーマ : 漫画の感想 - ジャンル : アニメ・コミック

 |  秘密 感想  |  トラックバック(0)  |  コメント(1)  |  EDIT  |  Top↑

Comment

拍手鍵コメをいただいたSさまへ

ははは・・・東京のどこに行くつもりだったんでしょうかね(笑)
とにかくいてもたっても居られなかったんですよ。
あとは百度参りしようとかも真剣に考えましたよ。
薪さんの幸せを願ってお守りを大量に買い込んで清水先生に送ろうとかも考えました(キモすぎるので止めたw)
もし薪さんが幸せになれないまま連載終了したら、白泉社を襲撃しちゃうかもしれませんー(*^▽^*)アハハ!

いつもよりグダグダなレビューとなりましたが、読んでいただいてありがとうございました!
ミーナ |  2011.05.16(月) 23:05 | URL | 【編集】

コメントを投稿する

URL
COMMENT
PASS  編集・削除するのに必要
SECRET  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://ustimih.blog33.fc2.com/tb.php/368-a04da488
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | HOME | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。