09月≪ 2017年10月 ≫11月

12345678910111213141516171819202122232425262728293031

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 |  スポンサー広告  |  EDIT  |  Top↑

2010 END GAME ACT.7 の感想その2

2011/08/29 (Mon) 22 : 50

メロディ10月号「秘密-トップ・シークレット 2010 END GAME ACT.7」の感想その2です。

今回は物語の流れに沿って書いていきたいと思います。


ネタバレありです!




【More・・・】





冒頭の薪さんのモノローグ。

「この頃の僕を動かす~」

「この頃」って、未来の薪さんが過去を振り返ってるわけですよね?
てことは、薪さんはこの事件が終わったあとも生きてる・・・
薪さんは死なない!!!

良かった~~~~~~~~~!!!!!!!!!!


と言いたいところですけど、ドラマ「高校教師」のように現実の時間に戻った時は死ぬ時ってパターンもありますので、まだまだ安心はできません・・・・・

「この事を想像すると体の中に血液が~」

の所は、未来の薪さんのことだと最初思ったんです。
だから未来の薪さんは、体に血液が通っていると実感できないような未来の中で生きているのか・・・青木とも会うこともなく、氷のように暗く冷たい時間を過ごすことになるのか・・・と・・・・・・・

でもよく考えると、これはまさに今の薪さんのことですよね?
良かった・・・取りあえず未来の薪さんの運命はまだどうなるか解らない・・・!

・・・今の薪さんは、「青木に殺されたい」と思う以外はまるで生きている実感が無いんですね・・・・
犯罪なんてもちろん犯したくなかっただろうし・・・
青木に恨まれてると思ってるだろうし・・・
第九を救う為に、自分が自分じゃなくならなくちゃいけない・・・
薪さんは感情的には既にもう自分は死んでいると感じているんでしょうかね・・・・・・・・


「早く 青木」

青木に、早く殺しに来てほしい。
薪さんは青木に恨まれてると思いつつも、自分を探しに来てくれるという思いもあるのでしょう。
自分はもうすぐ殺されるという確信を持っている・・・
だから、他の誰かに殺される前に、青木に、殺してほしい。
心が死んでしまった薪さんに唯一残った感情・・・
感覚の無くなった体に、このことを思うだけで体中に血が駆け巡り、熱くなる。
青木の手で死にたい。

これが、成就することを願えない感情の行きつく先だったのですね・・・

なんであんなバカをそんなに好きなのか・・・・・・・・

薪さんの青木への想いは、あまりに深くて、あまりに悲しくて・・・・・

でも、薪さんが本当に殺してほしいと思っていたとしても、
やっぱり薪さんには生きていてほしいです・・・・・・・・・・

青木・・・薪さんを見つけたら、薪さんを抱きしめてくれ・・・・・・・・・・・・


第九のレベル5前で倒れる警備員。
薪さんに倒されたらしい。

おでこに傷があるので、
薪さん、頭突きでも喰らわせたのだろうか・・・と思ってちょっと笑ったw


場面が変わりまして青木家。
青木の母親が舞ちゃんをお風呂に入れています。

・・・・この母親は・・・・・・・・・・
やっぱり好きになれないですね・・・・・・・・・・・・
仕事が忙しい息子をあごで使って、仕事の電話が入ってるのにそれを遮って・・・

私は独身なので赤ちゃんを1人でお風呂に入れられないのかどうかは知りませんが、
片親で子供を育ててる人だっているんだから、出来ないことはないんですよね?
青木母はずっと家にいるんだから、赤ん坊の世話くらいちゃんとしなさいよ!!
働いてる息子に負担にならないようにとかは思わないのか?!

ていうかY子と婚約解消したことは母親はもう聞いてるのかな・・・
あの母はY子をかなり当てにしてただろうから、それでイラッとしてるかもしれませんね・・・


監視カメラの映像。
とりあえず頭突きはしてないようだ(笑)
でもあのこけ方でなんでおでこを怪我するんだろう・・・
やっぱり倒れた警備員に頭突きしたんじゃないのかな(しつこい)

警備員って強いはずですけど、不意をついたとはいえ失神させるなんて、薪さんはかなりお強いのですね!
学生の頃は柔道一直線とかだったのでしょうか。
それとも相当な石頭の持ち主だったのでしょうか(もういいって)


第九メンバーが召集され緊急会議が開かれる。
岡部がいたって冷静な様子。
岡部が何も知らなかったとしたら青木以上にショックを受けると思うので、岡部はこのことを知っていた、ということが予想されます。

ここで岡部が第九捜査員全員に銃の所持を命令しています・・・
薪さんと銃を向け合うという構図になるのではないかとイヤな予感がしてしまいます・・・・・・・


「それはまるで~なかった事にして飲みこんでしまおうとしている」

と、青木が警察に対して不信感を抱いております。
警察の中に薪さんの敵がいることを感じ始めているようです。

良かった・・・・・
警備員を倒すところをわざと監視カメラに映させたことにも気付いてくれたし・・・

青木は最近「え?」って感じのアホづらばかりであまりにも何も解っていなかったので、そろそろ核心に近づいてくれないとどうにも話が進まない・・・
青木は薪さんを救わなくちゃいけないんだから、もっと色んなことに気付いてくれないと。

ところで青木は今何を捜査しているんでしょうね。


そしてトイレ会議。
第九の皆さんは割と冷静に緊急事態に向き合い、割と冷静に状況を把握してくれています。
それだけ「薪さんは犯罪を犯す人ではない」という信頼があるということなのでしょう。
普段は見えないけど曽我だって小池だって皆エリート中のエリートなんですものね!
実に頼もしいです(^^)
第九が独自に捜査して薪さんの居所を見つけて皆して薪さんを迎えに行ってほしいです。
薪さんの居所はここだよと・・・温かく迎え入れてほしいです・・・

そんな中山本が客観的な見解を主張します。
うん、山本は山本なりに薪さんを尊敬し信頼していたということがよく解りますね。
「部下に言えない事情があった」とまでは想像してくれませんでしたが、山本の意見は至極真っ当です。

何よりも、青木に読者が言いたかったことを全て代弁してくれて山本ありがとう・・・!!
青木が己の愚かさに気付いてくれたよ・・・!
薪さんが青木を裏切ったんじゃない、青木が薪さんを裏切ったんだよ!!
そのことに気付いた・・・!!!
良かった・・・
薪さんの優しさを思い出して海より深く反省しやがれ!!!


続きます。


テーマ : 漫画の感想 - ジャンル : アニメ・コミック

 |  秘密 感想  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)  |  EDIT  |  Top↑

Comment

コメントを投稿する

URL
COMMENT
PASS  編集・削除するのに必要
SECRET  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://ustimih.blog33.fc2.com/tb.php/392-bb48c249
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | HOME | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。