09月≪ 2017年10月 ≫11月

12345678910111213141516171819202122232425262728293031

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 |  スポンサー広告  |  EDIT  |  Top↑

2010 END GAME 最終回 の感想その3

2012/06/19 (Tue) 22 : 47

メロディ6月号「秘密-トップ・シークレット 2010 END GAME 最終回」の感想その3です。
これで最後となります。

ネタバレありです!


【More・・・】


前回のレビューでちょっとヒートアップしましたので、一旦頭を冷やしました。

事件については、やはり前回で収束を迎えていたようですね。
「最後の晩餐」から2年もかけてじっくり展開していったわりには終わりがあっけなかった気がしないでもないw

それと、えっと、せっかくチメンザールという架空の国を作ったのに、ラスボスが実在の国って、大丈夫なんですか(@@;)
「秘密」はちうごくでも発売され読まれていますが、どうするんでしょう・・・
検閲が厳しいお国ですので、勝手に他の国に変更されてしまうんでしょうかね・・・恐らく北の将軍のお国とかに・・・
ま、別にどうでもいいですけど。

チメンザールと日本の警察の関係が謎でしたけど、ちうごくが圧力をかけていたということだったんですね。
確かにあのお国だったらやりかねん(笑)
でも・・・「圧力」どころではなかったですよねぇ・・・
なにせ日本の警察の職員の家族を惨殺させたのですから・・・
しかも警視正である薪さんのことまで抹殺しようとしましたしね・・・
警備局長たちとよっぽど黒い関係で繋がっていたんでしょうねぇ・・・
これもあのお国(と日本のお偉いさんたち)がいかにもやりかねんことで、怖いですねぇ・・・・

このまま民主化の波が広がっていって、本当に薪さんがノーベル平和賞を受賞するくらいになればいいですね。

滝沢についても少し語られましたが、清水先生・・・、滝沢のことも最後までどっちにも取れる描き方をされました(^^;)

滝沢がどういう人間か、
薪さんと青木の関係、
青木とY子の関係、
と、物語の主軸となっていたところが全てボカされて終わったことになり、どうにもスッキリすることの出来ない最終回となってしまった気がします。
清水先生はもともと曖昧な描き方をされる方だったと思いますし、そういう描き方は私は嫌いではありません。
が、さすがに今回は色々曖昧すぎて「何も解決してないぢゃんんんんん!!!!」と叫びたくなります(^^;)


滝沢の脳を破壊するという第九の室長として許されない行為をして辞表を出した薪さんでしたが、恐らく長官が説得してくれたんでしょう(あのおっさんやっぱり長官だったんですね)、薪さんは警察を辞めることを思いとどまってくれました。
しかしアメリカって、薪さんに似合わないよぅ~!
薪さんにはイギリスとかフランスとかヨーロッパのが似合うと思うのに~~。
アメリカっつったら食べ物がやたらデカかったりするんですよね?しかも味は2の次で。(アメリカの方すみません)
下ネタを交えた下品なアメリカンジョークで薪さんをからかう図体のでかい金髪の白人の姿が容易に想像できて(アメリカの方本当にすみません、私はアメリカが嫌いなワケではありません)、くっそーー繊細な薪さんに近づくんじゃねえ~~~~!!と叫びたくなります・・・
とりあえず「お嬢ちゃんここはエレメンタリースクールじゃないぜ!HAHAHA!」は絶対ありそうだな・・・
意外に強い薪さんが背負い投げでもしてくれることを願うしかないな・・・
あ、でも薪さんが情報流出したのは世界的にも有名になってることだから、アメリカでも一目置かれるかな。

まぁ、色々と薪さんに向いてなくて不安ではありますが、薪さんはアメリカの新組織に3年間在籍して多大なる功績を残したらしいので、充実した時間を過ごせたのでしょう。ヨカッタヨカッタです。

そして日本に戻り、警視長に・・・
38歳で警視長って、ものすごい出世だよね!
科学警察研究所の所長か~。
第九と繋がりはあるけど、第九に入って仕事をすることはない、んだよね?
田城さん(所長だったと最後で判明しましたね)は薪さんに仕事の指示はしても捜査には一切加わってなかったもんね。
結局薪さんは第九を離れたことになるんだなぁ・・・ 寂しいなぁ・・・
九州に行っちゃった青木と逢うことはあるんでしょうか・・・


最後に、青木の目から見たこれまでの第九での出来事が描かれています。
第九での出来事っていうか、98%くらいの割合で薪さんのことですけどw
ああ、これで本当に、青木と薪さんの物語は終わったんだなぁ・・・と、感慨深くなります・・・
空港で薪さんが残して行った笑顔がラストでしたが、これ以降2人は逢うことは無かった、とか・・・?
ま、まさか・・・ね・・・


さてそこで!まさかのもう1話です!エピローグです!
恐らく清水先生も予定に無かったのではないかと思います。
今回でどうしてもページ数が足りなくて描き切れなかったのではないでしょうかw

最終回のその後が描かれるということです。
うーむ、さすがに、青木とY子がどうなったかくらいは描かれるのでしょう。
いきなり結婚してて子供が生まれてたりしたらどうしよう(((((( ;゚Д゚)))))
私の理想としては、結局復縁はせずいい友人関係になっててほしいんだけどなぁ。
「薪さん、何度メールしてもなかなか返事をくれないんですよ・・・」と愚痴る青木のいい相談役となったらいいよY子は!

薪さんと青木の関係も・・・ここで進展しなかったらもう望みは無いということになるんだろうなぁ・・・
でも結局ハッキリ描かれない気がものすごくするんだけどw

今号の見開きカラーの薪さんと青木・・・
同じマグカップを使ってるので、薪さんと青木は一緒にお茶してるってことですよね?
しかもどう見てもプライベートっぽい表情・・・
2人の寛いだ、幸せそうな表情・・・
清水先生はこれまでも度々、物語とリンクした、又は今後の展開を示唆するような扉絵を描かれてきました。
なので、この一緒にお茶する姿も、2人の未来の姿に違いない!と私は思うです。

しかも、次回エピローグのタイトルは「一期一会」・・・
「一期一会」の扉絵といえば、薪さんと青木がそれぞれ電話をしている、あの絵です。
当時の感想として、私はこのように書いていました。

第九が全国展開して離れ離れになった薪さんと青木。
しかしに互いに連絡を取り合って、仕事の話をしたり、デートの約束をしたりしている。
この扉絵は、そんな数年後の2人の姿なんだ!

と・・・

詳しくはコチラ

清水先生はひょっとして、物語の中でハッキリと2人をくっつけるわけにはいかないので、こうやって扉絵を使って「2人は幸せにやってますよ」ということをアピールされているのではないかと思うのですけど、どうでしょうか?!
そうですよね?!
うん、きっとそうです!(^▽^)♪

できれば・・・ コミックス未収録になってもいいから、超ラブラブになったところを描いて頂きたいところですが・・・(笑)

とにかく!青木とY子が復縁さえしなければ!たとえ物語の中でハッキリと進展がなかったとしても、わりと期待できるのではないかと思います!

エピローグのカラー扉絵はどんな感じになるんでしょうね。
今から楽しみです(^^)
(しかしコミックス11巻表紙用の硬派系のカラーになりそうな気がしないでもない)

お話のほうも、エピローグは恐らくこの「一期一会」のアンサー的なお話になるのではないかと推測します。
「一期一会」は青木が初めて薪さんのプライベートや薪さん個人を意識した話でしたので、そのへんもうちょっと掘り下げてくれたら嬉しいですね。
あと「青木とY子の関係」や「薪さんとY子と鈴木の確執」とか「第九の未来」とか・・・
「一期一会」って今思うとものすごく内容の濃い話だったんですねー・・・
できれば、できるだけ、今度は曖昧は表現は少なめにしてある程度決着をつけて頂けるとありがたいです・・・



さて、感想はこんなもんですかね。

あとはちょっとね、Y子、てめえ薪さんを好きだったって認めたってことは、鈴木を裏切ってたってことも認めたってことだよな?なのに「これでやっと克洋くんの死を受け入れられる」とか何清々しい顔してんねん!最後まで被害者ヅラすんな!ちょっとは罪悪感を覚えやがれ!!あと当てつけで青木と婚約してごめんなさいと薪さんに謝りやがれ!!

とまた毒を吐いておきます(笑)

そして、
いつもと違うスーツ姿の薪さんが美し過ぎて眩しくて目を開けていられません!助けて!

青木の脳内映像の薪さんが麗し過ぎてヨダレが止まりません!青木の頭カチ割っていいですか!

と魂の叫びを書き記して、最終回のレビューはここまでにしたいと思います。

最後まで読んでいただいてありがとうございました~(^^)

のんびりしてたらもう来週がメロディ発売日なんですね!
やばい~~ドキドキする~(@@;)

テーマ : 感想 - ジャンル : アニメ・コミック

 |  秘密 感想  |  トラックバック(1)  |  コメント(1)  |  EDIT  |  Top↑

Comment

拍手鍵コメをいただいたAさまへ

こんばんはー。こないだは台風大変でしたね。

フレンドリーなアメリカ人、本当ですね。
薪さんのアパートの隣に住む恰幅のいいおかんがパイを作って持ってきてくれるとかがいいです(^^)♪
あと、よく考えてみたら、薪さんが行く機関は恐らくエリート中のエリートが集められたはずなので、
あまり下品なジョークを言うような人はいないかもしれないですね(^^;)
薪さん並みの秀才達と一緒に仕事ができて、本当に良い経験になったのでしょうね。
日本の警察にいるよりも薪さんに向いているのではないかという気がしますが、
それでも日本に帰って来たのは、青木の為なのかな・・・?
青木・・・ 薪さんを待たせたのだから、薪さんの想いに応えなかったら許さんっ!!ヽ(#`Д´)ノ

エピローグで薪さんと青木が逢うとすれば、もう一緒に仕事をすることはないはずなので、
プライベートで逢うことになります・・・よね?!
青木にはアメリカから帰って来る薪さんを空港に迎えに行ってほしいです!
「お前、わざわざ福岡から迎えにきたのか!?」と薪さんは怒りますが、青木は動じず、
「薪さん、お帰りなさい。そして、今まで待たせてすいませんでした」
と、やっと愛の告白!とかあったらいいですね~♪♪

Y子は、できればもう薪さんに関わってほしくないので田舎に帰っていてほしいです・・・

なにはともあれ、もうあと数日ですね!
早く読みたい気持ちと永遠に読みたくない気持ちがせめぎ合ってて苦しいです~
ミーナ |  2012.06.22(金) 00:44 | URL | 【編集】

コメントを投稿する

URL
COMMENT
PASS  編集・削除するのに必要
SECRET  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://ustimih.blog33.fc2.com/tb.php/431-0e3bb695
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

まとめtyaiました【2010 END GAME 最終回 の感想その3】

メロディ6月号「秘密-トップ・シークレット 2010 END GAME 最終回」の感想その3です。これで最後となります。ネタバレありです!
2012/06/21(木) 01:15:11 | まとめwoネタ速neo

▲PageTop

 | HOME | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。