04月≪ 2017年05月 ≫06月

12345678910111213141516171819202122232425262728293031

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 |  スポンサー広告  |  EDIT  |  Top↑

2010 END GAME 最終回 の感想その4

2012/06/25 (Mon) 01 : 07

いよいよメロディの発売が近づいて来ましたね・・・
胸がザワザワして落ち着きません(´д`;)
落ち着かなくって、なんかもうじっとしていられず・・・、結局この週末は何もしませんでした(笑)

本当に・・・ 本当にこれがもう最後なんですね・・・

薪さんにハマってから、薪さんの恋の成就を心の底から願うようになってから、4年近く・・・
本当に、薪さんの幸せをひたすら願ってまいりました。
それがついに、決着が着いてしまうわけです・・・

ああ・・・ 胸が苦しい・・・

さて今回は、早売りの日に有給は取れませんので(先週休んだから)、普通に仕事をしてから本屋に走ろうと思います。
家に帰れるのは6時くらいなので、7時までには第1声を書きに来れるかな?
この日は緊張して仕事が手につかないと思いますが、「うあああああああああっ!!!」と突然叫んだりしないように気をつけますw


メロディ6月号「秘密-トップ・シークレット 2010 END GAME 最終回」の感想その4です。
その3で最後としましたが、何せ他のことが全く手につかないものですから、もうちょっとだけボチボチと語りたいと思います。

ネタバレありです!



【More・・・】



その3の感想で「Y子は鈴木を裏切っていたことに罪悪感を覚えやがれ!」と書き殴りましたが、ちょっと言葉が足りな過ぎたかと思いますので、補足しときます。

Y子は鈴木と付き合っていた当時には、薪さんへの想いは全くの無自覚だったのだろうと思います。
鈴木が亡くなった後もしばらく自覚は無かったでしょう。
恐らく、5巻で、青木がY子が薪さんを好きだと気付いたあの時に、Y子自身も初めて自覚したのではないかと思います。
私の勝手な想像ですけど。
なので、Y子の意識としては鈴木のことは裏切ってなどいなかったのだと思います。
(これ以前も書いた気がしますが。多分)

だけど、鈴木は、Y子の薪さんへの想いに、気づいていました。
それは「コピーキャット」で鈴木が薪さんを見つめるY子の横顔を見てグルグルしちゃってることからも間違いないと思います。
Y子の私服のセンスの悪さに目まいがしていた可能性もありますが、まぁそれは無いでしょう。
鈴木はこの時深く傷ついていました。
渡せなかった指輪(婚約指輪のつもりだったかも?)を前に、頭を抱え込んで項垂れていました。

とはいえ、Y子にとっては自覚が無かったし、鈴木を傷つけていたことも当然知らないので、「罪悪感を覚えやがれ」というのは少々乱暴過ぎるような気もします。

しかし、です。
Y子はその後、薪さんへの想いを自覚したのです。
そん時にさ、いつ頃から惹かれ始めていたのかとかさ、考えないかな、普通。
まさかあの瞬間突然恋に落ちたとでも思ったのかな?
だとしたら相当のマゾだよねw(だって薪さんに人格全否定された時だもんねw)
自分は恐らく、大分前から、それこそ鈴木が生きていた時から、つよし君に惹かれていたんだわ、とか気づくよね。ちょっと考えればね。(親友の葵も言っていたしね)
その時に、罪悪感は感じなかったのか、と思うのです。
例え鈴木がその事に気づいていなかったとしても(実際は気づいていましたが)、私は知らず知らずのうちに克洋くんを裏切っていたのね、と・・・
ちょっと気の利く人なら、無自覚とはいえ恋人に不義を働いていたことに、もちろん肉体的な浮気をしたわけではありませんが、精神的に誠実では無かったことに、申し訳ない気持ちになるものではないかと、思うのです。

それとなんと言っても、「鈴木」という切り札を出して何度も薪さんの心を切り刻んできたことに対しても。
とっくに心変わりしていたY子には、薪さんを責める資格など無かったということを、少しは考えたのか。
薪さんの誠実さの上に胡坐をかいてひたすら薪さんに八つ当たりし続けてきたことに、罪悪感は感じないのか。
薪さんのことを好きだったのなら、薪さんに対しても少しは誠実になりたいとは思わないのか。
青木に対して「あなたとの婚約は誠実なものではなかったわ」と謝っていたけど、イヤもっと謝らなければならない人がいるだろう・・・と思わずにはいられません。
あのエレベーター以来、薪さんとY子はまともに喋っていません。
2人の間には確執が残ったままなのです。
あの時Y子が薪さんに言い放った呪いとも言うべき非道な言葉から薪さんを解放してあげなければ薪さんはいつまでたっても救われない、とY子は思わないのか?
そして薪さんが救われることによって自分自身も救われる、と思わないのか?
薪さんを赦せた時、Y子は初めて鈴木のことを吹っ切れたことになるのではないか。
薪さんと和解できた時、Y子は初めて次の恋へと進めるのではないか。
ましてや青木と恋人としてやり直したいと思っているのだとしたら、薪さんとの和解は最優先事項なのではないのか?
今まで色々とひどいこと言ってごめんなさい、と。
あなたへの当てつけで青木と婚約しましたごめんなさい、と。
それから、
青木とはもう一度正面から向き合ってみたい、それでまた付き合うことになっても、私を怨まないでね、それがイヤならあなたも青木くんを口説いてみたらどう?と。
まぁ最後の宣戦布告は無くってもいいですけど、薪さんとの関係、青木との関係を一旦クリーンにしてからじゃないとY子は次へなど進めないのではないの?

と私は思うのですけど、そういったことはY子は一切考えもせず、いきなり青木に「やり直しましょう」と言うのがY子クオリティ・・・
過去は過去、これからは未来だけを見ていくわ! ってことか?(--;)
あんたも・・・ ちょっとは苦悩してくれ・・・・・・・ 誠意を見せてくれ・・・・・・・・・・・・・・・
少なくとも、薪さんには一言詫びを入れてくれ・・・・・・・・・・・・・
(「やっと克洋くんの死を受け入れられた」と電話したのはY子なりの詫びのつもりなのだとは思うけど、それは青木に「やり直しましょう」を言った後だもんね・・・)

現実に考えると、私も自分の幸せが一番大事だと思ってるし、他人のことにそれほど気を使い過ぎ無くてもいいとは思うけど(人の人生にまで責任持つ必要無いもんね。何かトラウマとかあったとしても本人が自分の力で乗り越えるべきだし。と思う私は冷たいでしょうかw)、何せ薪さんが自分の幸せより他人の幸せを願っちゃう人なので、比べるとY子があまりに自分のことしか考えていないことが、どうにも腹立たしく思わざるを得ないのです。
結局、Y子は薪さんの配慮と厚意の上で高笑いしているに過ぎないのです。
そのことに、気 づ け Y 子 ・ ・ ・  ! ! !
という切なる願いは、Y子の耳に届くことは決して無いでしょう。
あまりに空しい・・・・・・・・・・・・


なんか思っていた以上に長くなってしまいました。


あと第九についてちょっと。

薪さんが第九を離れることで岡部が副室長代理から室長代理となりましたが、実質ナンバー2だった岡部は室長にはならなかったんですね。
ということは、岡部はやっぱり国家公務員のキャリア組ではないんでしょうね。
室長になったのは今井かな。
今井にとっては思わぬ出世で棚からぼた餅でしたね(笑)
ちなみに青木と今井が並んでる絵がありましたが、190の青木とそんなに身長差がなかったので、今井って180センチくらいありそうですね。
エリートでハンサムで背も高いなんてものすごいいい男じゃないですか。
ちょっと惚れそう(笑)

そして、第九はついに全国展開しましたね。
北海道から九州まで八管区。
そんなに必要ないんじゃないか・・・と思ってしまうのですが(^^;)
通常の捜査では解決し得ないような難解な事件のみが第九に回ってくるのではなかったでしたっけ?
全国八管区がフル回転するほどこの時代の日本は凶悪事件が頻繁に起こるようになっているのでしょうか。
東日本と西日本の2地域ということで東京と大阪にあれば十分なような気がしてならない・・・・・・
しかも第九が本格始動するに当たって、脳を破壊する犯罪が多発するようになる気がするのですが、まぁ、それは言っちゃダメですねw

あと、「室長」というのは警視正クラスの人がなるべき役職だったかと思いますが(以前調べた)、26歳そこそこで室長になった青木は、薪さん並みのスピード出世をしているのではないか?!と思ったのですが、第九は他とは違うちょっと特異的な職場なので、階級に関係なく役職を与えているのかもしれませんね。
岡部もここでやっと室長になりましたしね。
青木もまだ警部のままなのかもね。

薪さんがアメリカに渡ってから全国展開まで2年。
類稀なる知識とハエのような動体視力を持つ薪さんを失った第九は捜査能力が少し落ちて、今までより少し忙しくなったのかも?
おまけに全国展開を控え、各管区の捜査員の育成もしなくちゃならないし、それぞれの管区で県警本部や検察などと体制を整えていかないといけないしだろうし、きっと目まぐるしく忙しい日々だったに違いありません。
みんながんばれ・・・!

そんな忙しさの中で、青木は薪さんのことをじっくり考えることができたのでしょうか・・・
薪さんと共に働いてきたあの「第九」を離れる時に、青木の胸にはどんな想いが去来したのでしょうか・・・
どうか・・・ 「待ってる」と言ってくれた薪さんの想いに、少しでも報いてほしいです。
私にとって青木の存在意義は「薪さんを幸せにできるかどうか」だけですから!


ということで、レビューも今度こそ終わりです。
駄文にお付き合いいただいてありがとうございました~。

テーマ : 感想 - ジャンル : アニメ・コミック

 |  秘密 感想  |  トラックバック(1)  |  コメント(4)  |  EDIT  |  Top↑

Comment

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
 |  2012.06.25(月) 14:54 |  | 【編集】

拍手鍵コメをいただいたAさまへ

Y子の薪さんに対する妙な対抗意識は大分前からありましたよね。
それが恋の始まりだったわけですよね。
葵にも指摘されていたし、ひょっとしたら鈴木にも気付かれていたかもしれない・・・
とY子は・・・思わないんですよねこの人は・・・(--;)

「私が不誠実だというの?」は、まさしくその通りの言葉でしたよね(`Д´#)
鈴木のことがまだ忘れられず、薪さんのことも好きで、なのに青木と婚約したんですもの。
これのどこをどうとったら誠実だと言えるのでしょう。
まぁ「私の不誠実をあなたに責める資格があるの?という意味だとは思いますが、
まさしく薪さんだからこそ責める資格があったんじゃないかと思います。
(薪さんが青木を好きなのを知ってて青木と婚約したんですから)

私はいよいよ明日、メロディを読ませて頂きます!
もう今から胸が苦しくて苦しくてしかたありませんです・・・(;;)
ミーナ |  2012.06.26(火) 21:08 | URL | 【編集】

鍵コメをいただいたKさまへ

ご訪問&コメントをどうもありがとうございます(^▽^)
Kさんも体調を悪くされていたのですね。
完治されたようで良かったです!
私はまだ痰が激しく喉に絡んでるのと、動くと動悸息切れがするのが治りませんです。
早く元の体に戻りたい・・・(*´Д`)=3ハァ・・・

バレンタイン企画(笑)いつもすみません(笑)
薪さんの為にチョコを作るのは本当に楽しいのですけど、さすがにネタがなくなってきたし、最近は母が土日にずっと家にいるので、来年は多分もう出来ないと思います。

> 私も、「好き」と青木が口にして、一瞬舞い上がったと思ったら・・「みんなが」って・・・。
> 肩すかしをくわされたような気がして、ガッカリしてしまいました。

最初に読んだ時、「好きです」を見て「ついに来たぁ!!(゚∀゚*)」という気持ちと「うわ、これいいの?」という気持ちと半々だったのですけど(BL展開がイヤな人もいらっしゃるので心配になってしまいましたw)、それでもあの「みんなが」には「これが青木の限界か・・・orz」と失望しました。
気を失った薪さんに、実はこっそりチュウをした、とかないですかね?ないですかね?

> 出来れば、シッカリハッキリ、想いを確かめ合ってほしいというのが本音ですが。
> 清水先生的にそれが無理だとしたら、ハッキリとは描かなくても、せめて、そういう期待を抱かせるラストであってほしいです・・。

本音は私もがっつりチュウをして朝チュンでもいいからベッドインするところまで描いてほしいと思います!
まぁでもそれは無理でしょうから、せめて、青木は独身(Y子と復縁してない)で、薪さんとプライベートで逢ってる、ということさえ分かれば、これはハッピーエンドだな!と分かるんですけどねぇ・・・

> 青木は本当に馬鹿な奴ですが(青木ひいきの私でもそう思う)、そんな青木の一途さというか、無鉄砲で考えなしで行動してしまう部分が、結果的に、薪さんのこの場に間に合い、その真摯な想いで薪さんを救ったということは、「よくやった、青木」と思いました。

薪さんの命を繋ぎとめてくれたことには感謝しないといけないですね!
あのような局面で薪さんを救えるのは青木しかいないわけですから。
それにしても、あの瞬間、青木も薪さんも、相手に殺されてもいい、と思っていたんですよね。
どうみても両想い過ぎるのですが・・・どうして両想いにならないのでしょうか・・・

> 私は、個人的には、滝沢が薪さんを傷付ける言葉を放ったことは、やっぱり許せないんです。
> でも、滝沢の人生を想像するに、冥福を祈りたいと思います。

私は滝沢に関しては腹が立たないんですよね~。なんででしょう・・・
Y子のようにテメーが一番悪いくせに自分はちっとも悪いと思ってない、なんてことが無いからだと思いますが。
もし、滝沢を主人公にして話を作ったとしたら、滝沢はやっぱり悲劇の人なんだと思います。
あの世で本来の自分に戻れていたらいいですね。

> 国内では、疑問を感じた人が居ても、軍事国家の中では、それを口に出来るような雰囲気ではなかったのかもしれませんよね。

徹底した言論統制を行っているC国が牛耳っていたわけですから、疑問を口にした人がいても抹殺されていたかもしれませんね・・・こわやこわや・・・

> だって、もし薪さんが、青木に対して特別な想いが無かったら、駐車場で青木が薪さんを追い駆けた時に、あんな風に逃げるように車を出させなかったと思うんです。

ですよね!
薪さんは第九に行った時に、青木がいなくて、ホッとしたはずです。
岡部が青木に気付いた瞬間にすかさず「止まるな」と叫んだのも、青木が戻ったら追いかけてくるかもしれない、それまでに早く帰ってしまいたい、とずっと心中穏やかでなかったからですよね。
ここまであからさまに避けるのは、薪さんはもう青木に対しては上司の仮面をつけることすら出来なくなってしまっているんじゃないでしょうか?
薪さんはまだ青木に「恋」してるし、なので「Y子と結婚しろ」も決して本心ではないのです。

> 指輪は、自分を好きだと思ってくれたその時の気持ちを大事にしたいという現れ?みたいなものだと。
> 大丈夫。
> Y嬢だったら、青木と違って、他に好きな男が出来たら、青木の指輪は何の未練も無く、質に入れてくれると思います!

ただの「記念」に・・・みたいな感じだったのならいいんですけどねぇ。
半年後にあの指輪がハードオフに売られていたらいいですね!

> でも、彼女は「私って可哀想・・」と思っていて、自分が他者を傷付けていることに対しては、悪意が無いと思ってる・・そこがどうしても、駄目です・・。

一番タチが悪いタイプです(--;)
私だったらこんなヤツとは絶対に友達になりません!!

> あえてこのタイトルを持ってきたということは、あの時の、「プライベートな薪さん」や、薪さんと離れたくないと思った青木の気持ちなどに、回答を見せてくれるのではないかと・・・。

「一期一会」で題材になっていたテーマのうち未解決なのは「プライベートな薪さん」だけです(^^)
きっときっと、ここを解決して下さるのだと信じます!
告白するシーンとかが無かったとしても、2人がプライベートで逢ってるということさえ分かれば、間違いなくハッピーエンドですよね!

> Y嬢にしてみたら、「剛くんが好きだったの」「当てつけで」と認めて口にすることで、自分の薪さんへの気持ちに区切りを付けたのだと思っています。
> だから青木との会話は、自分の気持ちの整理の為だったのかなと。

青木に話すことによって自分の気持ちを整理したということですか~。なるほどです。
確かに、薪さんも謝られても嬉しくともなんともないかもしれませんね。
私が幸せになることでつよし君も報われることでしょうとか思ってたらちょっとムカッとしますが・・・
当たらずとも遠からずなんですよね~、だから余計にムカつくっていうか・・・
この人は、やっぱりさっさと田舎に帰って見合い結婚をすべきです。
遠くで勝手に幸せなってください。

> 比べちゃいけません・・ええ、所詮、最初から比べ物になんてなりませんから・・・!!(・・と、自分に言い聞かせて、自分をなだめるしかありませんね・・(T▽T))

薪さんとY子じゃステージが違い過ぎる・・・!
なのに、青木を挟んでライバル関係になっちゃってるのがいけないんです・・・!
青木がさっさと薪さんを選んでてくれたらこんなにイライラしなくて済んだのに・・・!

> もしかしたら、原作薪さんも、タローという犬を飼っていて青木に重ねたことがある・・なんてイメージが清水先生にあったのかしらと、勝手に想像してしまいました。

ひょっとしてタローに似ているから青木に惹かれたとか・・・!?
「僕とタローはいつも一緒だったんだ」などと薪さんが言えば青木は犬にだって嫉妬しそうです(笑)

> 書店の販促物

ポスターも本当は写真を撮ったのですけど、それをネット上に載せるのはどうかと思いましたので、止めときました(^^;)
いつかお見せできる機会があればいいのですが・・・(とっても素敵だったのです~)
また原画展か何かイベントをやってほしいですね!

> チ○○○○ルという国名の、この伏せ字の部分を入力すると、文字を組み替えたある単語と認識されて、コメントがはじかれてしまうらしいです。
> 気付いた時は、まさかこの国名の中にそんな言葉になる文字が入っているとは思いませんでしたから、びっくりしました。

え?
チ○○○○ルが引っかかっていたのですか?!
○○○○の部分を検索してみましたが、人の名前みたいですけど・・・
あとちょっとどうも下ネタっぽい言葉みたいですけど・・・
そんなことでコメント投稿できないって、FC2もなかなか厳しいですね。

あ、ツイッターをフォローしていただいてどうもありがとうございます(^^)
しかし私のツイッター&ブログは「秘密」関係からはかけ離れたところでやってますので、
見てもあんまり面白くないと思いますよ?w
くだらない日常を呟いていますんで・・・
右から左へ受け流すくらいの軽~い気持ちで覗いてやって下さいませ。

いよいよ明日(日付が変わったのでもう今日ですね)・・・!
運命のエピローグを一足お先に読ませて頂きます・・・!
ミーナ |  2012.06.27(水) 00:20 | URL | 【編集】

27日に拍手鍵コメをいただいた方へ

コメントどうもありがとうございます!
「こっそりファン」だなんて・・・、恥ずかしいです(●´ω`●)ゞエヘヘ

お返事が遅くなって申し訳ありませんでした。
メロディ8月号の記事ではないところにコメントをいただいてましたので、
一般的な発売日の今日まで待った方がいいかなと思いまして・・・

ご期待いただいたとおり、絶叫してしまいました(笑)
これは叫ばずにはいられません~~~~!
私はふんわりぼかしてあるどころか、割とハッキリ描かれたな、と思いましたよ!
だってこれはもう、間違いない、ですよね?!
私的にも大団円で大満足です(^^)v
清水先生は「蛇足」と書かれていましたが、これを描いていただいて、本当に感謝ですね(^^)
ミーナ |  2012.06.28(木) 18:12 | URL | 【編集】

コメントを投稿する

URL
COMMENT
PASS  編集・削除するのに必要
SECRET  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://ustimih.blog33.fc2.com/tb.php/432-0058a629
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

まとめtyaiました【2010 END GAME 最終回 の感想その4】

いよいよメロディの発売が近づいて来ましたね・・・胸がザワザワして落ち着きません(´д`;)落ち着かなくって、なんかもうじっとしていられず・・・、結局この週末は何もしません
2012/06/25(月) 10:01:43 | まとめwoネタ速neo

▲PageTop

 | HOME | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。