03月≪ 2017年04月 ≫05月

123456789101112131415161718192021222324252627282930

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 |  スポンサー広告  |  EDIT  |  Top↑

清水先生サイン会!

2013/09/03 (Tue) 00 : 42

遅くなりましたが、8月31日にSHIBUYATUTAYAで行われた清水玲子先生のサイン会のレポをさせて頂きます!



【More・・・】

サイン会の開始は13時からでしたが、私の整理番号は98番(ホントギリギリだった・・・)で、
14時集合となっていました。

ランチを食べてたらちょっと遅くなって14時過ぎにコミック売り場に到着、
あの狭い売り場のどこでサイン会をするのだろうと思ってたけど、奥の方の扉の向こうに
小さなミーティングルームみたいな部屋があって、その中に先生がいらっしゃるようで、
その部屋に向かって10人程度の列が出来ていました。
順番が近づくと放送で呼び出してくれる仕組みになってました。

私の出番はまだまだ後、事前に連絡をくださった秘密ブロガーさんを探して、無事合流できました(^^)
お久しぶりの方、初めましての方、5名の方とお会いすることができました!
既にサインを貰われた方に中の様子なんかを聞いて、私もいよいよドキドキがマックス!
しばし秘密トークに花を咲かせた後、番号を呼ばれ、ついに私も列に並ぶことに・・・!

ふおおおおおおおおお!!!!!!!!!

私は、もし先生にお会いすることができたのならば絶対聞いてみたい!!!
と思っていたことがあったので、今こそそのチャンス!!!と思うと緊張してもう手が震えてきます。
結局何も言えずに終わりそうだ、ああでもどうしよう、聞きたい聞きたい絶対聞きたい!!!!
とグルグル考えているうちに順番が近づいてきて、先生のいらっしゃるお部屋のすぐ目の前まで・・・!
ちょっと覗き込んで見ると、おおおおおお!!!!!清水先生が!!!!!!!!!!

先生は黒地に赤っぽい花柄のお洋服を着てらっしゃいました。
すごく小柄というか、華奢!細い!というのが第一印象です。
先生は机に座ってらして、その両脇を男性と女性のスタッフさんが1名ずつ立っておられました。
うわ、なんかものすごく話しかけづらい感じ・・・!
と思って頭の中は軽くパニック状態・・・
こんな中で聞けないよおおおおどおしよおおおおおああでもでもでもおおおおおお!
とパニック状態の真っ只中にいるところで、いよいよ私の順番がまわってきました。


お部屋に入って、こんにちはとか挨拶したかどうかは覚えていませんw
スタッフさんに手を差し出され、思わずお土産の紙袋を渡そうしたら「あ、整理番号・・・」「あ、スミマセンッ・・!」みたいな感じでなんかワタワタしてしまいました(笑)
先生にお土産を渡したら「ありがとうございます」と言って下さいました(^^)

サインするマジックペンの色を先生に聞かれ、私は黒を選びました。
(色を聞かれると事前に聞いていたのでここは慌てずに済みましたw)

そんな中私の頭の中は質問のことでいっぱい・・・
恐らくほんのわずかな時間の事だったと思うんだけど、なんかものすごく長い間グルグル迷ったような気がします。

私は後悔したくない!と意を決して、

「あの、薪さんと青木はくっついたんでしょうか」

と聞いてみました!
ふおおおおおおおおおお言えた!!!!

両脇のスタッフさんに「ふふっ」と笑われ、先生もなんかすごく動揺され、ご自分のサインを書くはずのところに私の名前を書き始められ、
「あっ間違えたっっ・・・」とワタワタされてましたw
「気になって夜も眠れないんですけど!」と食いつく私w
もうここまで来たら怖いものはありません!

どうしようっ・・と焦る先生にスタッフさんが「そのまま書いちゃっていいんじゃないですか」と言われたので
先生「じゃあレア物ということで・・・」
私「あっはいレア物ということで・・・」
という感じでそのまま私の名前の続きを書いて下さいました。

そこで私はもう一度
「気になって夜も眠れないんですけどぉっ」と念を押しましたwww 先生すみませんwww

私は、正直答えてくれないと思っていたんです。
作品の中であれほど丁寧に繊細な描写で2人の関係を描かれていたので、こんなことを聞かれるのはイヤなのではないかと思っていたし、「御想像にお任せします」とか「お好きなように受け取って頂いて結構です」とか言ってはぐらかされるんじゃないかと思っていました。

しかし!!!
予想を裏切って清水先生はハッキリと答えて下さいました!!!!

「先生的には○○○○○と思います」

スイマセンここで先生の答えを書くのはどうかと思うので一応伏せ字にさせて頂きますw
でも、ミーナにとって嬉しい答えだったお!!!!
と言えばおのずと解っちゃうと思いますけどwwwwwww

舞い上がっていたのであんまり憶えていないんですが、「遠巻きにぼかして描いた」みたいな事をおっしゃってました。

ああ、そうだと信じて疑わなかったけど確証がなくて少し不安だった薪さんと青木のその後・・・
やっぱり2人は幸せになったのね・・・・・

サインして頂いた本を受け取り(先生はわざわざ立ちあがって下さいました)、
「変なこと聞いてスミマセンッ・・」とお詫びしてから部屋を後にしました。

恐らく2~3分の短い時間だったけど、本当に本当に嬉しい時間でした!!!!!!!!
2回続けて東京まで行くなんて無謀もいいところだったけど、行って本当に良かったと思います!!!
エレベーターの扉に挟まれた所を秘密ブロガーさん達に見られ恥ずかしい想いをしましたが、私は幸せでございます!!!

清水先生、本当にありがとうございました!!!!!!!!!!


レア物のサイン!

テーマ : 日記 - ジャンル : アニメ・コミック

 |  未分類  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)  |  EDIT  |  Top↑

Comment

コメントを投稿する

URL
COMMENT
PASS  編集・削除するのに必要
SECRET  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://ustimih.blog33.fc2.com/tb.php/458-7f83bd31
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | HOME | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。