05月≪ 2017年06月 ≫07月

123456789101112131415161718192021222324252627282930

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 |  スポンサー広告  |  EDIT  |  Top↑

薪さんの苦悩

2008/10/26 (Sun) 23 : 26

夜子さんのブログの「薪さんの秘密」という記事にコメントを書いてて思ったんですけど、
薪さんが今辛いのって、青木が薪さんに鈴木の脳を見せたからですよね・・・。

鈴木が薪さんを守ろうとしていたということはわかった。
しかし、
28人+9人の少年達が殺されたのは、貝沼が薪さんに見せる為だけだということもわかったわけです。

そしてその結果親友だった鈴木が亡くなり、
大切な部下も亡くなったり廃人状態になったりしたのです。

全然エピソードが出てきませんが、それまで3年間一緒に仕事をしてきた部下達。
(何人だっけ、5人だっけ?4人だっけ?)
今の第九も3年目ですが、色々意地悪なこと言ったりもしますが、薪さんが部下をとても大事にしていることはわかります。
世間からの偏見もある中で、苦楽を共にし信頼を築いてきた仲間。
そんな仲間を全て失ったのです。

37人の少年、
貝沼、
鈴木、
その他の部下達、
彼らに纏わる人々、
その全ての人生を狂わせた。

全ては貝沼が悪いんですが、
薪さんは自分の責任だと思っているでしょう。

自分の責任だと思っている以上、自分が幸せになろうなんて絶対に思わないでしょう。

それもこれも、青木が貝沼のあの遺言を見せたからだよ!
あれを見なきゃ薪さんは知らなかったんだよ。
貝沼の殺人の動機なんて。


青木、おめーーなんてことしてくれたんだよ!!!


鈴木の気持ちを伝えたかったなら、もっと別の方法があったんじゃないの?
鈴木の気持ちさえわかれば薪さんは救われると思ったの?

青木くんは自分の気持ちだけにまっしぐらだから、それ以外のことには目が届かないのね・・・。

薪さんを救うことを第一に考えるなら、真実を見せるべきではなかったと思うよ、青木くん。
佳人を救った時のように、嘘で人が救われるなら、それが一番じゃないのかな。


テーマ : マンガ - ジャンル : アニメ・コミック

 |  秘密 考察  |  トラックバック(0)  |  コメント(6)  |  EDIT  |  Top↑

Comment

はじめまして!

私、都めぐると申します。
実はちょくちょく遊びに来ていたのですが、コメントを書くのに時間がかかるトロい私は、コメントを出しそびれておりました。
でも今回は黙っていられずコメントを出した次第です。

青木が貝沼の脳を見せたがために、薪さんの苦悩が深まったということに対して、全くの同意見でありますっっ!(←ケロロ風に)

やっぱりあの行動はいかにそれが真実であっても残酷すぎます!
しかも見せた後も自分がどんなに残酷なことをしでかしたのか多分青木は気づいていない!

青木はそのまっすぐさが魅力ではあるけれど、あまりに青い、青すぎるっっ!(青木だけに・・・?いや、すいません・・・)

青木には薪さんを苦しめる結果になった責任をとって、一生薪さんの側にいてもらわなければ・・・と私は勝手に思っています。

ところで私、今までミーナさんのブログをコソッとのぞいていたのですが、面白いですね。

特に薪さんのスーツとか部屋とか、独特の目線で書かれてて、私も気になっていただけに楽しく読ませてもらいました。
あとは警察機構の記事とか興味深く読ませていただきました。本当に勉強になりました。

私はトロくてコメント遅れがちなのですが、今度から堂々と遊びに来たいと思いますのでよろしくお願いいたします!



都めぐる |  2008.10.27(月) 13:06 | URL | 【編集】

複数の視点。

すいません、ミーナさんも書いてたんですね。
今気付きました。続きレビューをUPし終えてから。
全然反対方向っぽいけど、ミーナさんのももっともだと思います。

まあ。私も、青木が鈴木の脳を見せたゆえ、
薪さんは苦悩していると思います。
ホント清水作品は解釈が複雑。
レビュー自体が一見矛盾しかねないのは、
『秘密』の最大の魅力ですが。

(だから、1話ごとのレビューは私には不可能。
絶対別視点でも語りたくなるし。その1回で終わることは出来ない。)

ミーナさんのに共感するのも、今日書いたレビューも、
どちらも私の解釈です。
でも、視点が1つではありえない。

『秘密』のテーマの奇跡的なすごいところだと思います。
夜子 |  2008.10.27(月) 18:41 | URL | 【編集】

都めぐるさんへ

めぐるさん、ようこそお越しくださいました!(^^)
実は私もこっそりめぐるさんのブログを拝見しております。
恥ずかしがりやなんでなかなかコメできないんですけど・・(^▽^;

>しかも見せた後も自分がどんなに残酷なことをしでかしたのか多分青木は気づいていない!

そーーなんですよおっ!
気付いてないんですよこの朴念仁は!!
鈴木が命をかけて守った「秘密」を、青木はよりによって本人に見せたんです。
これって「兄が命をかけて守った妹の秘密を無理矢理こじあけた」雪子よりも
非道いんじゃないでしょうか。
もっと別な方法で鈴木の気持ちを伝えてほしかった・・・。
ホントに責任とれ!って思います。
薪さんがひとりで立てるようになるまで、ずっと他に目移りしないで
薪さんだけの青木でいてほしいです。

>特に薪さんのスーツとか部屋とか、独特の目線で書かれてて、私も気になっていただけに楽しく読ませてもらいました。

あ、ありがとうございます~。
ハマッた当初はこんなことばかり考えてたんですよ。
薪さんが家でどんな格好で寛いでいるかを悶々と・・・(笑)
最近はネタがなくなってきてどうしようか困ってるんですけど。

>私はトロくてコメント遅れがちなのですが、今度から堂々と遊びに来たいと思いますのでよろしくお願いいたします!

はい!お待ちしております!
堂々とお越しくださ~い♪
私も今度コメ書かせてもらいますね!
コッソリしてないで(^^)
ミーナ |  2008.10.27(月) 21:11 | URL | 【編集】

夜子さんへ

夜子さんの記事も読ませていただきました。

今現在、薪さんにとって青木は光である、というのも事実だと思うんですよ。
青木の存在が薪さんの支えになっていることは確か。
これ薪さん目線ですね。
鈴木の気持ちをなんとか伝えたかったという青木の真っ直ぐな気持ちや、
薪さんを支えていきたいと思っているところ。
これは青木目線。
これも真実。
「青木このやろーー!!」と思ってるのは読者(というか私)目線。
「それでも青木が薪さんを支えて行け!」と思っているのも読者目線ですね。

他にも色々あると思いますが・・・

んーなんか面白いですね。
人の気持ちがこんなに入り乱れる漫画ってなかなか無いです。

清水さんって作中に明確な「答え」を描かない人なので、
いくらでも読者が想像できてしまうんですよね。

特に「秘密」は、人の気持ちの深い部分を扱っているので複雑極まりないです。
人の気持ちは簡単に振り分け出来るものでもないですしね。

それにしてもこうやって各ブログでそれぞれの視点で書き綴るのって面白いですね。
少しずつ影響しあって、刺激しあって、って。
ファンとしてこれほど楽しいことはありませんね(^^)
清水先生にも是非見て頂きたい、と思っちゃいます。

あ、「薪さんにとって青木は、ティルトにとってのセツだ」と言ったのは多分うちのブログです。
開設当初に書いた記事のコメント欄でそのような会話をしました。
ミーナ |  2008.10.27(月) 22:01 | URL | 【編集】

こんばんは

ミーナさん、こんばんは。
ミーナさんの記事、本当にそのとおりですよね。青木、ほんと無神経な・・・。

私は、1巻で鈴木さんの脳を青木が見せたとき、鈴木さんへの誤解が解けてよかったなって、単純に思っただけでしたけど、ミーナさんが書かれたように、薪さんは自分の責任だと思ってしまったんですよね。

ミーナさんの記事を読み、その事実に、激しく落ち込んでます。

青木も、薪さん一筋ならいいけど、そういう風にしておいて、今は置き去り。それはないですよね。ただ、ため息です。

あの、メロディ12月号、手に入れられたんですね。い、いいですね、いいですね×∞
反転もしてしまいました。素敵な情報ありがとうございます(^-^)♪
また、お邪魔させていただきます。
とも |  2008.10.27(月) 23:01 | URL | 【編集】

ともさんへ

>ミーナさんの記事を読み、その事実に、激しく落ち込んでます。

えっそんなっ・・・落ち込まないでください~!
青木は本当に無神経なことをしてくれたけど、
青木の存在に薪さんが救われているのも事実だし、
薪さんは青木の能力を認めて信頼しているのも事実だし、
なんて唐突にフォローしても説得力がありませんが(^^;

今後の彼が、雪子にフラれてまた薪さんひとすじに戻ってくれるのを祈るのみですね!

メロディ、一足先に読んじゃいましたよ~。
反転、しちゃいましたか?
出張でしばらく戻られないようですが、早く読めるといいですね☆
ミーナ |  2008.10.28(火) 00:58 | URL | 【編集】

コメントを投稿する

URL
COMMENT
PASS  編集・削除するのに必要
SECRET  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://ustimih.blog33.fc2.com/tb.php/52-00e3e588
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | HOME | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。