09月≪ 2017年10月 ≫11月

12345678910111213141516171819202122232425262728293031

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 |  スポンサー広告  |  EDIT  |  Top↑

アニメ19話「誰も見ていない(中編)

2008/11/30 (Sun) 16 : 57

「秘密(トップ・シークレット)~The Reveration~」 19話「誰も見ていない(中編)」

日テレプラス 11月28日放送


アニメの「秘密」は古臭い、いつの時代だ
とよく言われていますが、今回強く感じました・・・。
第九の部屋の前にかけられていると推測される「科学警察研究所 法医第九研究室」の看板が、
木の板でできていました(--;)
何十年前の刑事ドラマを参考にして作ったんだろう・・・・・
それと、雪子と鈴木が雪合戦をして、鈴木に雪玉をぶつけられた雪子が
「もうっ」とふくれっ面をするあたりも・・・・・ダサイ・・・・・・・・ダサすぎる・・・・・・・・・・・・
高校生カップルじゃないんだから、雪合戦なんてさせないでくださいよ・・・・・・・

雪子は鈴木のことを「克洋くん」と呼んでますがアニメでは「鈴木くん」に変更したみたいですね。
確かにアニメでは、いきなり「克洋くん」と言われてもピンとこない視聴者が出たかもしれません。
でも、薪さんのことは原作どおり「剛くん」と呼んでいます。
恋人のことは苗字で、その友達のことは名前で呼ぶ雪子。
これはおかしいでしょ(-_-)
それなら薪さんのことも「薪くん」と呼ばせて良かったんじゃないでしょうか?

そんで出たーーーーー!!!!!
鈴木の上半身裸っ!!!!!(@□@;)
このシーンは必要なのか?!
前から思っていたんだけど、アニメの鈴木が冴羽獠に見えるのは私だけでしょうか。

雪子に「感染させてください」と詰め寄る青木はなんだか怖かったですw
シスコンよりはいいけど、お前の愛はいつもなんだか思い込みが激しい気がするよ・・・(^^;

田城さんと思われる所長に珍しく熱く食ってかかる薪さんは新鮮でしたねー。
そしてこちらも珍しく、長嶺がまともな発言をしていました。
段々キャラが薄くなる長嶺・・・ オリジナルキャラだから動かしづらいんだね・・・

しかし、ここで熱くなってしまった為か、ウイルスに感染し囮捜査をするという青木への態度が
なんともアッサリとしたものになってしまいました・・・(涙)
そうか、アニメでは「第九の現場はここだ」ではないんですもんね・・・。
それでも、「なんてバカなことを」と青木をキツク叱りつけてほしかった・・・(_ _;)

それならいっそ「薪さんは雪子のことが好き」設定にしてしまったほうが潔いよ。
「薪さんは青木のことが好き」設定を隠すなら目隠しプレイさせないでよ・・・。
もっとちゃんとキャラ設定をしてほしいと思います。
オープニングがチョコチョコ変わることからも、このアニメの製作スタッフに「計画性」というものを
感じることができません。



辛口炸裂スミマセン・・・

テーマ : アニメ - ジャンル : アニメ・コミック

 |  秘密 アニメ  |  トラックバック(0)  |  コメント(4)  |  EDIT  |  Top↑

Comment

こんにちは。

辛口になるのは仕方ないと思います・・アニメオリジナルならいっそ割り切って見られるけれど、原作物だと、元がしっかりとした作りなだけに、どうしてこう改変するのかと・・疑問が残りますよね・・。

前編がまあまあ原作どおりだったので、期待してたのもあったんでしょうけど、何だか減速気味になっていった気が・・。

木の板・・よく見てらっしゃいますね。さすが細やかな岡部さん(?)
でもホント、雪合戦も・・・見てて私も無言になりました・・・。

>このシーンは必要なのか?!
↑男性視点だと必要なのか・・・も?(笑)
後に出て来る雪子のハダカもやたらとグラマーでしたしね・・・。

>珍しく熱く食ってかかる薪さんは新鮮でしたねー。
↑そうですね。怒る薪さん、かっこよかったと思います。
マスコミにリークするとか色々と提案するお姿も凛々しくて、原作とはまた違った魅力を感じました。

ただ、薪さんと雪子の会話もごく普通ですよね。
アニメ薪さんはいつもクールに抑えてる感じと申しますか。

対する雪子も静かな口調だし・・せっかく前編で青木をビンタ&投げた勢いが、中編では見られないというか、青木に見られた時の反応も、「何で見られたあたしがあんた慰めてんのよっ」と、威勢よく怒ってほしかったのに、「見られた私がいいって言ってるのよ」と、穏やかで・・。
薪さんがクールだから、「女薪」も抑え気味にせざるを得ないのかしら・・とも思いましたが、雪子のインパクトが薄くなって、つまらなく感じました。

>雪子に「感染させてください」と詰め寄る青木はなんだか怖かったです
↑そうですよね。原作だと、青木の決意を感じさせてかっこいいのに、アニメだと、この流れだと、「鈴木さん視点で雪子とのそういうシーンを見たのを思い出した→そして生で雪子のハダカを見た→で、衝動でせまることに・・・」って感じに見えて・・・青木が変な奴にしか見えず・・・(TT)
アニメ青木って、何だか暗いですよね・・・。

>しかし、ここで熱くなってしまった為か、ウイルスに感染し囮捜査をするという青木への態度が
なんともアッサリとしたものになってしまいました・・・(涙)
>それでも、「なんてバカなことを」と青木をキツク叱りつけてほしかった・・・(_ _;)
↑そうですよね~~・・。
アニメ薪さんはあくまでクールで、寂しかったです・・。

しかも、「2007」でクライマックスとも言うべきセリフ、「自分の命を軽く扱うお前に 人の命の重さがわかるわけがない・・・」が無いなんて・・(TT)

「これしか方法が無いんです」と言う青木が鈴木さんの姿と重なった・・このシーンと薪さんの繊細な表情は切なくて良かったと思いますけど。

>このアニメの製作スタッフに「計画性」というものを感じることができません
↑ですね・・・。深夜アニメって、一種の「実験場」なんでしょうか・・作りながらスタッフが腕試し・・みたいな・・そんなことまで考えてしまいました・・・。
かのん |  2008.11.30(日) 20:58 | URL | 【編集】

私も超辛口です・・・

>第九の部屋の前にかけられていると推測される「科学警察研究所 法医第九研究室」の看板が、木の板でできていました(--;)

よく見てらっしゃいますね!さすがです!
これは近未来の話のはずなのに、アニメの設定はどうなってたんだろう・・・。

>「もうっ」とふくれっ面をするあたりも・・・・・ダサイ・・・・・・・・ダサすぎる・・・・・・・・・・・・

天地もそうなんだけど、なんか女性キャラの作りが時代錯誤っぽく感じるのは気のせい?
それともやっぱり男性は天地的ブリッ子とか、「もうっ☆」みたいな女性がいいんでしょうかね・・・。
男性向けにしたかったんなら設定とかストーリーももっと徹底的にやっちゃえばよかったのに・・・。

>雪子に「感染させてください」と詰め寄る青木はなんだか怖かったですw
シスコンよりはいいけど、お前の愛はいつもなんだか思い込みが激しい気がするよ・・・(^^;

アニメの青木はどうも暗いですよね。
原作の青木の魅力が失われている・・・。
あんな青木じゃ薪さんも恋しないんじゃないか・・・な~んてね・・・。
シスコンの設定は自分も弟がいるだけに、とっても気持ち悪かったです。

>田城さんと思われる所長に珍しく熱く食ってかかる薪さんは新鮮でしたねー。

アニメ薪さんはクールだけど、以外とアクティブなんですよね。そこが原作と違う魅力ではありました。
これも男性受けを狙っていたんでしょうか・・・。

>それでも、「なんてバカなことを」と青木をキツク叱りつけてほしかった・・・(_ _;)

私もそう思いました!
あの名言が削られてしまうだなんて!やっぱりアニメの制作側の感性を疑ってしまいます・・・。
原作とは違うものにしたかったんだったら、いっそそれを貫いた方がよかったのでは?

>それならいっそ「薪さんは雪子のことが好き」設定にしてしまったほうが潔いよ。
>「薪さんは青木のことが好き」設定を隠すなら目隠しプレイさせないでよ・・・。
>もっとちゃんとキャラ設定をしてほしいと思います。
>このアニメの製作スタッフに「計画性」というものを感じることができません。

全くもってそう思います!
前の方でも書きましたが、男性受けするようにしたかったのなら、原作と違うものにしたかったんなら、いっそ潔くそうしてくれれば良かったんです!

「薪さんも雪子さんが好き」設定にして目隠しプレー無しにしてしまえば、それはそれでつじつまが会うのに。
ここまで「薪さんは青木のことが好き」な匂いを全く漂わせていなかったのに、次回でいきなりそれを炸裂させてしまうので、「はぁっ?」って感じ・・・。
というか・・・、原作知らなかった方は薪さんの目隠しプレーの意味が分かったのでしょうか?
途中までアニメ版の設定でやってたけど原作ファンから批判が出たから設定を途中で原作よりにした・・・という感じがするのは私だけでしょうか?

私も辛口炸裂です・・・。すいません・・・。

次回来ますね・・・、例のシーンが・・・。


そういえば前の記事の私のコメント、消したつもりの一行がかなり後ろに残ってました。
興奮のためか確認を怠りました(笑)
編集しようとしたけど、一回投稿したら直せないのかな?
お見苦しくすいませんでした・・・。
都めぐる |  2008.12.01(月) 08:47 | URL | 【編集】

かのんさんへ

そうですよね、オリジナルなら大目に見ることも出来るけど、
原作モノを変にイジられるとガッカリしますよね。
それぞれにシーンに思い入れがあるのに・・・・。

細やかな気配りが得意な岡部タイプとしては、些細なことも見逃しませんよ!(笑)
例え舞台が現代でも、最新の設備を備えた最先端の職場で、
木の板の看板はありえない!(--;)

>後に出て来る雪子のハダカもやたらとグラマーでしたしね・・・。

原作でもグラマーだけど、何やら強調されてましたね。
ボン!!キュ!!ボン!!でした。
青木、少しはうろたえてもいいと思う。

そういえば前編で雪子が黒帯だという台詞がなかったですよね。
声優さんもちょっと色っぽい喋り方なので、雪子がサバサバした
バリッバリのキャリアウーマンというイメージではなくなっています。
なんだか普通・・・。
青木は青木でウジウジと暗いし・・・。
薪さんのキャラ設定もいつまでたっても固まらないし・・・。
遊ぶな!!秘密で!!と言いたくなります。

>「自分の命を軽く扱うお前に 人の命の重さがわかるわけがない・・・」が無いなんて・・(TT)

言ってほしかった・・・・
青木を想い心配するがこそあそこまで激昂したにも関わらず
第九捜査官としての在り方をしっかり説明する冷静な部分も併せ持つ
薪さんの見せ場だったのに・・・
そして死んでいった人の無念を知っているからこそ自分の命を大切にしろと言う
薪さんの想いを、ここで語らせてほしかったです。

>深夜アニメって、一種の「実験場」なんでしょうか・・作りながらスタッフが腕試し・・みたいな・・そんなことまで考えてしまいました・・・。

このアニメの製作チームが多分
「初めて作品を任されましたっ!よろしくお願いしますっ!」
みたいな人たちの集まりなんではないでしょうか。
そうでなかったとしても、そうとしか見えません(-_-)
ミーナ |  2008.12.01(月) 14:34 | URL | 【編集】

都めぐるさんへ

天地も雪子も、昭和40年代のアイドルみたいな動きをさせるのはやめて頂きたいです。
雪子が肩をすぼめて「ウフッ」と笑う・・・。
気持ち悪い!!!

>あんな青木じゃ薪さんも恋しないんじゃないか・・・な~んてね・・・。

まっすぐで一点の曇りもない青木が好きなんだと思うから、
あんなウジウジした根暗野郎は好きにならないと思います。
シスコン設定は弟がいない私でも気持ち悪かったです(--;

>アニメ薪さんはクールだけど、以外とアクティブなんですよね。

あ、そうですよね。
率先して女装したり(笑)
走ったりヘリコプターから飛び降りるシーンもありました。
原作でもアクティブな薪さんが見たいです!
(見た目は若くても年齢はオッサンだから、ちょっと走っただけで
 ゼーハー言ってたりしたらイヤだけど・・・←薪さんどう考えても運動不足)

男性受けにするのでもなんでも、設定をしっかり決めてそれを貫いてくれたなら
ちゃんとした形になろうものを、あっちに走ったりこっちに走ったりと一貫性がない。
それがこのアニメの一番ダメなところだと思います。
薪さんの設定は確かに原作ファンの批判を受けて段々と美青年になっていきました。
これに関しては努力を買いたいところです。
が、しかし、それが声と絵が合わない、という悲しい結果を招いてしまいました・・・。
肝心要の薪さんが中途半端だなんて、ダメダメでしょ・・・。

次回いよいよですね!目隠しシーンが・・・・
あぁ、ドキドキします。

記事の編集は投稿時にパスワードを設定しておけばいつでも出来るはずですけどねぇ。
おかしいですね??
ミーナ |  2008.12.01(月) 14:55 | URL | 【編集】

コメントを投稿する

URL
COMMENT
PASS  編集・削除するのに必要
SECRET  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://ustimih.blog33.fc2.com/tb.php/76-730c8763
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | HOME | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。