FC2ブログ

07月≪ 2019年08月 ≫09月

12345678910111213141516171819202122232425262728293031

薪さんの苦悩

2008/10/26 (Sun) 23 : 26

夜子さんのブログの「薪さんの秘密」という記事にコメントを書いてて思ったんですけど、
薪さんが今辛いのって、青木が薪さんに鈴木の脳を見せたからですよね・・・。

鈴木が薪さんを守ろうとしていたということはわかった。
しかし、
28人+9人の少年達が殺されたのは、貝沼が薪さんに見せる為だけだということもわかったわけです。

そしてその結果親友だった鈴木が亡くなり、
大切な部下も亡くなったり廃人状態になったりしたのです。

全然エピソードが出てきませんが、それまで3年間一緒に仕事をしてきた部下達。
(何人だっけ、5人だっけ?4人だっけ?)
今の第九も3年目ですが、色々意地悪なこと言ったりもしますが、薪さんが部下をとても大事にしていることはわかります。
世間からの偏見もある中で、苦楽を共にし信頼を築いてきた仲間。
そんな仲間を全て失ったのです。

37人の少年、
貝沼、
鈴木、
その他の部下達、
彼らに纏わる人々、
その全ての人生を狂わせた。

全ては貝沼が悪いんですが、
薪さんは自分の責任だと思っているでしょう。

自分の責任だと思っている以上、自分が幸せになろうなんて絶対に思わないでしょう。

それもこれも、青木が貝沼のあの遺言を見せたからだよ!
あれを見なきゃ薪さんは知らなかったんだよ。
貝沼の殺人の動機なんて。


青木、おめーーなんてことしてくれたんだよ!!!


鈴木の気持ちを伝えたかったなら、もっと別の方法があったんじゃないの?
鈴木の気持ちさえわかれば薪さんは救われると思ったの?

青木くんは自分の気持ちだけにまっしぐらだから、それ以外のことには目が届かないのね・・・。

薪さんを救うことを第一に考えるなら、真実を見せるべきではなかったと思うよ、青木くん。
佳人を救った時のように、嘘で人が救われるなら、それが一番じゃないのかな。


テーマ : マンガ - ジャンル : アニメ・コミック

 |  秘密 考察  |  トラックバック(0)  |  コメント(6)  |  EDIT  |  Top↑

秘密と警察

2008/09/28 (Sun) 18 : 52

「秘密」は警察のお話です。
なので、警察のことをある程度知っておいたほうがいいと思い、
手持ちの資料を元にちょっとまとめてみました。


長くなるので閉じときました。
興味のある方は続きをご覧ください(^^)





テーマ : マンガ - ジャンル : アニメ・コミック

 |  秘密 考察  |  トラックバック(0)  |  コメント(4)  |  EDIT  |  Top↑

ついでに雪子

2008/09/16 (Tue) 23 : 14

「女版薪」という異名を持つからにはそんじょそこらの監察医ではないはずです。
それはもう天才的なはずです。
が、ここまでのところ、いいところ無しですね・・・。
ストーリーの展開上しょうがないとは思いますが、それにしても、
「刺し傷の角度で犯人の身長・利き手がわかる」なんてのは監察医としては初歩の初歩じゃないですか?
「うっかり見落とした」なんてレベルじゃないと思うんですよね。

4巻ではまだ「姉御肌の聡明な女性」という印象でしたが、5巻ではただの女になってしまっているしね。
今後の雪子の活躍に期待したいです。
ただのイヤな女で終わらないでほしいですね。

青木とくっつくならくっついてくれて構わないけど、
これ以上薪さんをイジメたら、許さん!!!

雪子も薪さんが好きという展開は認めてません。
ただの青木の思い違いであってほしい。
ああいうプライドの高い女が自分をケチョンケチョンにした男を好きになるとは思えないし。

つくづく、なんで4巻で田舎に帰ってくれなかったんだろうと思います。

てか、私いつの間にこんなに雪子が嫌いだったんだろう?
4巻では好きだったのに。
やっぱり薪さんをイジメたのがあかんかったね。

テーマ : マンガ - ジャンル : アニメ・コミック

 |  秘密 考察  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)  |  EDIT  |  Top↑

青木と雪子

2008/09/16 (Tue) 22 : 57

青木が雪子になんであそこまで惚れ込むのかイマイチよく理解できないんだけど、
それはまぁ人が人を好きになる理由なんて人には解からないもんだからしょうがないですけど、
でも結構あばたもえくぼ入ってますよね。

5巻で薪さんが雪子に厳しい発言をした時に青木は雪子をかばいましたが、
これははっきり言って、言われても仕方のないことだと思うんですよね。
前回の記事でも書いたとおり、これは雪子の明らかな落ち度であることには変わりないんだから。
薪さんが厳しく言うのは、プロとしての誇りと責任があるんだから。
(嫉妬の話はとりあえず置いといて・・・笑)

青木は薪さんの言葉がどれほど冷たいと思っても、それを否定することはできないのです。
青二才がしゃしゃり出てくるようなところじゃねぇ!
という場面なのです。
なのに、あぁ青木は雪子に完璧フォーリンラブしているので、禁断の行動に出てしまったわけですね。
雪子に「かばわないで!」と言われても仕方ないですね。

この恋は青木を駄目にしていると思います。
青木くん、やめといたほうがいいと思います。
好きな人をかばうのはいいですが、仕事の場面でそれをやっちゃいけませんよ。
以前の記事でも書いたとおり会議を途中で抜け出したりしてるからねぇ。
仕事をおろそかにしないで、今はとにかく「憧れ」だったというの薪警視正のもとで仕事に集中しなさい!


ちなみに、青木が雪子を好きなのは鈴木の念が残ってるからだという話もありますが、
私はまったくそうは思ってません。
だって、彼らは「第九」だよ?
見た脳の持ち主の感情がいちいち乗り移ってたら、仕事にならないじゃないすか。
妻子もちの人の脳を見たら、奥さん好きになっちゃうの?
いくら青木でも、そのへんはもう割り切ってると思いますけどねぇ・・・。

テーマ : マンガ - ジャンル : アニメ・コミック

 |  秘密 考察  |  トラックバック(0)  |  コメント(2)  |  EDIT  |  Top↑

薪 vs 雪子

2008/09/15 (Mon) 23 : 01

青木が図に乗っているという話をしましたが、
5巻の薪さんの言動も、何やらよろしくない感じです。
雪子に対してやたら冷たいのが嫉妬心なのだとしたら、
薪さん、男として小さ過ぎる!とツッコミたくなります。

雪子初登場シーンでは、薪さんは雪子に対してそれはもう愛らしい微笑みを向けていますよね。
薪さんと雪子の間に特に確執があるようには思えません。
というか、私は4巻を読んで薪さんは雪子が好きなのかな?と思ったくらいです。

それが5巻になったら突然、「何がそんなに憎いんだ」というような
冷たい厳しい目で雪子を睨みつけたりします。
「もっと親しく見えるよう人前ではため口を、との仰せですか?」
うわー強烈な嫌味!
しかも顔がものすごく意地悪!!

これが本当に「嫉妬」なのだとしたら、
薪さんは見た目だけではなく中味もかなり女性的なんだなぁ・・・と思いますけど・・・

私は、「見た目は女の子みたいだけど中味は男らしい薪さん」のが良いです。
少なくとも仕事に私情を挟んでほしくないです。


あれはやはり監察医として大事なことを見落としていた雪子への怒り、じゃないかな?

専門ではない薪さんでもわかることが、専門の雪子にわからなかった。
(薪さんの観察力は度を越してますが・・・)
自分の経歴に慢心した雪子のはっきりとした落ち度です。
名取裕子のサスペンスドラマ「法医学教室」シリーズから言葉を借りれば、
監察医は亡くなった人の最後の声を聞く、大事なお仕事なんですよね。
薪さんたちの所属する第九もそれは同じなはずです。方法が違うだけで。
そんな、同じスペシャリストの立場であるからこそ薪さんは今回の雪子のミスに腹が立ち、
あのような厳しい言動をするに至った、と私は思います。


うん、やっぱりこっちのが薪さんらしいです。



でも雪子を見る青木を気にするなど、嫉妬心も確実にあるみたいです・・・。
「怒り」と「嫉妬」が混沌としているのが正解、かな・・・?

テーマ : マンガ - ジャンル : アニメ・コミック

 |  秘密 考察  |  トラックバック(0)  |  コメント(2)  |  EDIT  |  Top↑
PREV  | HOME |  NEXT